メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ハリオアマツバメ

 

21cm  夏鳥

 

体形は太い。尾羽は短く、羽軸が針のように露出していることが和名の由来。

全身は黒褐色、背中は灰色の羽毛で覆われる。

額や喉、腹部側面から尾羽基部の下面にかけての羽毛は白い。

 


平地から山地の林、草原の上空に生息する。1日の大部分を飛行して過ごし、地上に降りることは無く岩場に爪を引っ掛けて休む。

尾羽の突出した羽軸は、静止時に体重を支えるのに役立つと考えられている。

食性は動物食で、昆虫を食べる。飛翔しながら口を大きく開け、獲物を捕食する。

 

崖の隙間や樹洞に空中で集めた枯草や羽毛を、唾液で固めたお椀状の巣を作り卵を産む。


2013.7.14 由利本荘市

2013.7.14 由利本荘市

2013.7.14 由利本荘市

2015.8.9 鹿角市

2016.7.17 秋田市