メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ミミカイツブリ

 

33cm  冬鳥

 

目が赤く、嘴はまっすぐで、先がポツンと白くなっている。水に浮いている間は黒っぽいが、飛びたつと羽の内側に白い部分がみえる。

冬羽は喉から腹にかけて白く、他が黒い。

夏羽では頭部と背中が黒、首が褐色、腹が白となり、後頭部に帯状の金色の飾り羽があらわれる。この飾り羽が長い耳のように見えるのでこの名がある。

 ハジロカイツブリとよく似ているが、嘴がまっすぐで先が白いこと、顔の黒白の境界がはっきりしていることから区別する。

 

沿岸などに渡来するがハジロカイツブリに比べ数は少ない。

他のカイツブリと同じように、水に潜って魚や貝、昆虫、甲殻類を捕食する。

繁殖期には湖や池の水草が多い区域に浮き巣を作り卵を産む。

 

2012.1.4 秋田市

2012.2.19 秋田市