メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

オジロビタキ


12cm  数少ない旅鳥または冬鳥


雄は上面が灰褐色で、尾羽は黒褐色だが外側は白い。喉は橙色。胸は灰白色で腹から尾筒にかけてはやや汚れた白色。雌は上面が淡い灰褐色で、喉は淡色である。嘴は雌雄とも黒色。


針葉樹林や広葉樹林に平地から山地まで生息する。森林内の開けた場所や、明るい森林の樹洞などに枯れ葉や草で巣を作り卵を産む。雌のみ12~13日抱卵する。なお日本では繁殖しない。飛翔昆虫類などの節足動物を捕食するが、キビタキ属では珍しく地上で捕食することが多い。その他、木の実も採食する。


木の枝等にとまっている時に、尾をよく上下に振る。

地鳴きは小さい声で「ジッ ジッ ジッ」、「ビティティティ」など。

繁殖期には「チュ、チュ、ピッピー」などとさえずる。


2012.11.4 男鹿市

2012.11.4 男鹿市

2012.11.4 男鹿市

2012.11.4 男鹿市

2012.11.4 男鹿市

2012.11.4 男鹿市

2012.11.4 男鹿市

2012.11.4 男鹿市

2012.11.4 男鹿市