メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

コガラ

 

13cm  留鳥

 

背面や翼、尾羽は褐色、腹面は淡褐色で覆われる。

頭頂部と咽頭部の羽毛は黒い。側頭部から胸部にかけては白い羽毛で覆われる。ベレー帽を被ったようにも見える。雌雄同色。

北海道に分布しているハシブトガラと似ているが、嘴がやや細いこと、鳴き声が違うこと、頭上と喉に光沢がないことなどにより区別できる。

 

低山から亜高山の林に生息する。繁殖期にはペアで縄張りを形成する。亜高山帯で繁殖した個体は、冬季低地に下りて越冬する。秋から冬にかけてシジュウカラ科の他種と混群を形成することもある。

 

食性は雑食で、昆虫類、節足動物、果実等を食べる。

固い果実でもこじ開けて食べることができる。

枯れ木に穴を掘りその中に樹皮、苔などを使って皿状の巣を作り卵を産む。

抱卵は雌のみが行う。

 

2015.12.6 秋田市