メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

コサメビタキ

 

13cm  夏鳥

 

和名はサメビタキより小型である事に由来する。

上面は灰褐色、下面は白い羽毛で覆われる。体側面は褐色みを帯びる。眼の周囲に不明瞭な白いアイリングが入り、眼先も白い。

嘴はやや長い。嘴の色彩は黒く、下嘴基部の色彩はオレンジ色。

幼鳥は上面や翼に淡褐色や淡灰色の斑紋が入る。

 

平地から山地にかけての落葉広葉樹林に生息する。

群れは形成せず、単独もしくはペアで生活する。

食性は動物食で、昆虫類などを食べる。樹先などに止まり、飛翔している獲物を目掛けて飛翔し捕食する。

 

繁殖期に縄張りを形成する。落葉広葉樹林で繁殖する。

高木の葉がない水平な樹上にウメノキゴケなどをクモの糸で付着させた樹皮やコケを組み合わせた皿状の巣を作り卵を産む。雌のみが抱卵する。

 

2015.9.6 秋田市

2015.9.6 秋田市

2015.9.6 秋田市

2015.9.6 秋田市

2017.5.14 秋田市