メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

コジュリン

 

15cm  漂鳥  絶滅危惧Ⅱ類

 

背面は赤褐色の羽毛で覆われ、黒い縦縞状の斑紋が入る。

雄の夏羽は頭部から喉にかけて黒い。胸部から腹面は淡い灰褐色、腰は赤褐色。雄の冬羽や雌に似るが喉が薄黒い。雌は頭頂部の羽毛が暗褐色で、眼上部にある眉状の眉斑や嘴の基部から頬へ向かう頬線は黄褐色、眉斑と頬線の間は淡褐色、嘴の基部から頸部へ向かう顎線は黒い。胸部や体側面は淡褐色で、腰は灰褐色、腹部は白い。

 

低地の湿地や山地の高原に生息する。秋季や冬季は川辺のアシ原や海辺の草原等で小規模な群れを形成し生活する。

食性は雑食で、昆虫類、節足動物、種子等を食べる。地表で採食を行う。

 

繁殖期には縄張りを形成するが、まれに複数のつがいが集中してコロニー状に営巣している場合もある。草の根元等に枯草や木の枝等を組み合わせたお椀状の巣を作り卵を産む。雌雄とも抱卵する。

 

2011.9.11 男鹿市

2011.9.11 男鹿市

2011.9.11 男鹿市

2011.9.11 男鹿市

2012.8.12 男鹿市

2016.7.18 男鹿市