メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

シベリアジュリン


14cm  数少ない冬鳥または旅鳥


オオジュリンに似るが小さい。

雄成鳥夏羽は他のジュリン2種に比べ赤みがなく、モノトーンに見える。

頭部、顔、喉から上胸までが黒く、外頬線や後顎から側胸を通っての体下面は白い。背と肩羽の軸斑は黒褐色で、淡灰褐色の羽縁がある。

腰、上尾筒は淡灰褐色。翼は黒褐色で、羽縁は汚白色だが、次列風切外縁は褐色みを帯びる。小雨覆は灰褐色。尾は中央尾羽が淡灰褐色で、外側尾羽2対は白く、その他は黒褐色。嘴は小さく、嘴峰は直線的。上嘴は黒く、下嘴は肉色。足も肉色。雌は額から後頭と眼先から耳羽は淡褐色で、眉斑は淡色。頬線はバフ白色で、顎線は黒褐色。成鳥冬羽は雌夏羽に似るが、上面はやや淡色で、雄では頭部と喉の黒色部が淡くぼやける。脇に黒褐色の縦斑がある個体もいる。


アシ原や草地に生息し、日本海側や九州に比較的多い。

昆虫類や草の種子を採食する。地鳴きはオオジュリンよりも細い声である。


2012.4.1 男鹿市

2015.11.1 男鹿市

2015.11.1 男鹿市

2017.4.30 男鹿市

2017.4.30 男鹿市

2017.4.30 男鹿市

2017.4.30 男鹿市

2017.5.2 男鹿市

2017.5.2 男鹿市