メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

シメ


19cm  冬鳥


雄の成長は、頭の上部と耳羽が茶褐色、顎の後ろは灰色。

嘴は鉛色、円錐で太く大きい。冬羽になると肉色になる。

風切羽は青黒色、背中は暗褐色、尾も暗褐色で、外側尾羽に白斑がある。

眼から嘴の周りや喉にかけて黒色で、胸以下の体下面は淡い茶褐色。

雌は雄より全体的に色が淡く、風切羽の一部が灰色。


平地から山地の落葉広葉樹林や雑木林に生息する。

また、市街地の公園、人家の庭でも見ることができる。

ムクノキ、エノキ、カエデなどの種子を主食とする。

果肉の部分は摂取せず、太い嘴で硬い種子を割って中身を食べる。

地鳴きは「チチッ」「ツイリリーッツー」。他のアトリ科の鳥と比べると鋭い声である。


2010.1.23 秋田市

2011.2.6 秋田市

2012.4.29 大潟村

2012.10.28 秋田市

2013.1.20 秋田市