メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ショウドウツバメ

 

13cm  旅鳥

 

背面の羽衣は暗褐色、腹面の羽衣は白い。

尾羽は短い。胸部に暗褐色の横帯が入る。

幼鳥は体上面の羽毛の羽縁が淡褐色で鱗状に見える。

 

海岸や川辺の草原、農耕地などに生息する。

春秋の渡りの際は大規模な群れを形成し、平地で観察される。

食性は動物食で、主に昆虫類を食べる。

飛翔しながら口を大きく開けて獲物を捕食する。

 

河川や湖の岸辺や海岸の砂泥質の崖に穴を掘って集団で繁殖する。

この小さな巣穴を掘る習性から小洞燕の和名がついた。

 

2010.8.15 秋田市

2012.8.12 潟上市

2012.8.12 潟上市

2015.8.16 潟上市

2015.8.16 潟上市

2016.7.31 潟上市

2016.7.31 潟上市

2016.7.31 潟上市

2016.7.31 潟上市