メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

スズメ


14cm  留鳥


雌雄同色。成鳥は頭部が赤茶色、背中は褐色で縦に黒斑があり、翼に2本の細い白帯がある。頬から後頸、腹にかけては白色をしている。

耳羽および目先から喉は黒い。嘴の色は黒色であるが、幼鳥の時は淡黄色。

ただし成鳥でも、繁殖期の終わりごろには嘴の根元が黄色になる個体が観察される。全ての成鳥の嘴の根元が黄色くなるかどうかは分からないが、若い個体と区別が付きにくいので注意が必要である。成鳥の頬にある大きな黒い斑は遠くからも目立ち、これが他の類似種との区別点でもある。幼鳥は全体に色が淡く、頬の黒斑や喉の黒斑がはっきりしない。


市街地から農耕地、山地までの人家があるところに生息する。

食性は雑食で、イネ科を中心とした植物の種子や昆虫類を食べる。

繁殖期には子育てのために虫を好んで捕獲する。夏から秋にかけてはイネに対する食害も起こすが、稲の害虫も食べることでも知られる。


2010.1.17 秋田市

2010.4.9 秋田市

2011.12.25 秋田市

2011.12.25 秋田市

2012.1.5 男鹿市

2012.12.2 秋田市

2014.5.24 大潟村

2015.12.30 男鹿市

2016.2.7 にかほ市