メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ニュウナイスズメ

14cm  夏鳥


雄はスズメに似ているが頬に黒点がなく、頭部と背面はスズメよりもあざやかな栗色をしている。雌は薄茶色で、太い淡黄色の眉斑が目立つ。


平地から山地の林、農耕地、草地などに生息する。

繁殖期以外はニュウナイスズメ単独種で群れをつくるが、少数の場合はスズメの群れに混じる。


和名の由来について諸説あるが、代表的なものとしてスズメに見られる頬の黒斑を欠くことから、ほくろの古名であるにふ(斑)がい雀、ということで斑無雀。


2010.8.28 男鹿市

2011.8.21 大潟村

2011.9.11 男鹿市

2013.8.24 男鹿市

2016.9.24 男鹿市