メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ノゴマ

 

16cm  旅鳥

 

上面が緑褐色、胸部から腹部にかけての下面が汚白色の羽毛で覆われる。

体側面は褐色みを帯びる。眼上部にある白い眉状の眉斑と嘴の基部から頸部へ向かう顎線は白く明瞭。嘴の色彩は黒い。

後肢の色彩は薄いオレンジ色。雄の喉は赤い斑紋が入る。

雌の喉は赤い斑紋が入る個体もいるが面積が狭く、多くの個体は喉が白い。

 

平地から亜高山帯や草原などに渡来し、渡りの途中や越冬地では森林に生息することもある。和名は原野に生息するコマドリの意。秋季から冬季にかけては小規模な群れを形成して生活することもある。

 

食性は動物食傾向の強い雑食で、主に昆虫類を食べるが果実も食べる。

繁殖期に縄張りを形成し、雄は草の上などで大声で様々な囀りを行う。

倒木の下などに枯葉や根などで皿状の巣を作り卵を産む。雌のみが抱卵する。

 

2017.5.5 秋田県内某所

2017.5.5 秋田県内某所