メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ハクセキレイ

 

21cm  留鳥

 

頭から肩、背にかけてが黒色または灰色、腹部は白色だが胸部が黒くなるのが特徴的である。顔は白く、黒い過眼線が入る。セグロセキレイと類似するが、本種は眼下部が白いことで判別できる。

セグロセキレイやキセキレイと同様、尾羽を上下に振る姿が特徴的である。

 

河川の下流域など比較的低地を好む傾向があり、セグロセキレイやキセキレイとは、夏場は概ね棲み分けている。

冬場は単独で、夏場は番いで縄張り分散する。縄張り意識が強く、特に冬場は同種のほか、セグロセキレイ、キセキレイと生活圏が競合する場合があり、その際には追いかけ回して縄張り争いをする様子もよく観察される。

食性は雑食で、一旦高いところに留まって採食に適した場所を探し、水辺や畑などに降りて歩きながら水中や岩陰、土中などに潜む昆虫類やクモなどを主に捕えて食べる。

 地上の窪みや人家の隙間などに、枯れ草や植物の根を使って皿状の巣を作り卵を産む。主に雌が抱卵する。

 

2010.12.19 大潟村

2011.11.20 大潟村

2012.3.11 大潟村

2015.5.24 秋田市

2016.9.11 秋田市

2016.9.11 秋田市