メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ヒメコウテンシ

 

14cm  数少ない旅鳥

 

背中や翼の上面はやや濃い褐色で、胸の両脇に黒褐色の斑がある。

眉斑は淡色。体の下面は淡い褐色。雌雄同色である。

 

日本海側の島嶼では、ほぼ毎年観察されるが、それ以外の地域では少ない。

越冬例もある。草地や農耕地、海岸などに渡来する。

食性は雑食で、地上で昆虫類や草の実を食べる。

 

草の根元などの地上に枯れ草や茎、根などを使って浅い椀状の巣を作る。

内部には動物の毛や、鳥類の羽毛を敷いてある。抱卵は雌雄で行う。

 

2013.4.28 男鹿市

2015.4.12 男鹿市

2015.4.12 男鹿市

2015.4.12 男鹿市

2017.4.16 男鹿市