メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

イヌワシ

 

♂81cm♀89cm  留鳥  絶滅危惧ⅠB類  天然記念物

 

全身の羽衣は黒褐色や暗褐色。後頭の羽衣は光沢のある黄色で、英名の由来になっている。尾羽基部を被う上尾筒、下尾筒は淡褐色。中雨覆や風切羽基部の色彩は淡褐色。虹彩は黄褐色や淡橙色。嘴基部や嘴基部を覆うろう膜、後肢は黄色で、嘴の先端は黒い。

幼鳥は後頭から後頸にかけて淡褐色の縦縞が入る。

尾羽の基部や初列風切、外側次列風切基部の色彩が白い。虹彩は暗褐色

 

低山から亜高山に生息するが主に山岳地帯に生息する。

食性は動物食で、哺乳類、鳥類、爬虫類、動物の死骸などを食べる。

日本ではノウサギ、ヤマドリ、ヘビ類が主で、とりわけノウサギがもっとも重要な餌である。上空から獲物を発見すると、翼をすぼめ急降下して捕らえる。

通常は単独で獲物を捕らえるが、1羽が獲物の注意を引きつけもう1羽が獲物の後方から襲い掛かる事もある。

 断崖や大木の樹上に木の枝や枯草などを組み合わせた巣を作る。

営巣場所が限られるため毎年同じ巣を使うことが多い。

 

2011.10.9 鳥海山

2011.10.9 鳥海山

2011.10.9 鳥海山

2011.10.9 鳥海山

2011.10.9 鳥海山