メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

イカルチドリ

 

21cm  漂鳥

 

和名のイカルは古語で「大きい、厳めしい」の意。

尾羽は長く、静止時には翼よりも尾羽の先端が後方にある。

頭頂部と背面は灰褐色、腹面は白い羽毛で覆われる。眼の周囲の羽毛は黄色。嘴から眼を通り側頭部へ続く過眼線が入る。額に斑紋が入り、過眼線と交わる。喉から後頸にかけての羽毛は白く、細い首輪状の斑紋が入る。

嘴は細長い。後肢は比較的長く、色彩は黄色。

夏羽は頭部や頸部に入る斑紋が黒い。

冬羽は頭部や頸部に入る斑紋が暗褐色で、夏羽と比べやや淡くなる。

 

砂礫地のある河川、湖沼、池、水田などに生息する。

冬季には小規模な群れを形成する。

食性は動物食で、昆虫、節足動物、ミミズなどを食べる。水辺を徘徊して獲物を探し、捕食してはまた徘徊するということを繰り返す。

 

繁殖期には縄張りを形成する。主に河川の中流域にある河原や中州といった礫地に窪みを掘り小石や枯草を敷いた巣に卵を産む。雌雄とも抱卵する。雛は孵化後まもなく巣から離れ、親の後を追って歩き出す。親は巣に外敵が近づくと翼を広げて身を屈め擬傷をして巣から離れ、外敵の注意を巣から反らす。雛はその間じっとして動かず、保護色により周囲の小石と見分けることが難しくなる。

 

2012.1.9 秋田市