メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

オジロトウネン

 

14cm  旅鳥

 

シギの仲間のうち、最小サイズのグループ。

トウネンに良く似ているが、体の上面が灰褐色で赤褐色と黒色の斑があり、尾の両端は白く、足が黄緑色である点が異なっている。雌雄同色。

 

湿地、水田、河川、ため池跡などに渡来する。

干潟等の海水の地域で観察されることはまれである。

繁殖期は針葉樹林の縁の草原などに生息する。

食性は動物食で、昆虫類、甲殻類、環形動物などを捕食する。

 

繁殖時、複婚、二重巣卵体制をとっている。これは、雌がある雄と番いになって産卵後、別の雄と番いになって産卵を行うが、第1の巣では雄が抱卵、育雛を行い、第2の巣では雌が抱卵、育雛を行うというものである。「チリリリ」と鳴く。

 

2010.8.28 男鹿市

2010.8.28 男鹿市

2010.8.28 男鹿市

2013.9.1 男鹿市