メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

チュウシャクシギ

 

42cm  旅鳥

 

雌雄同色。成鳥は眉斑と頭央線が白っぽく、頭側線と過眼線は褐色。

顔から胸は淡色で褐色の縦斑がある。背からの上面は褐色で、淡色の羽縁がある。腹からの体下面は白っぽく、脇から下尾筒にかけて褐色黄斑がある。

嘴は黒く、下嘴基部は肉食。足は青灰色。飛翔時は背から腰は白っぽい。

夏・冬羽ではそれほど差異はない。幼鳥は成鳥に似るが、上面や翼の羽縁の斑点が大きい。


干潟、河口、海岸の岩場、農耕地、河川に渡来する。 

数羽から数十羽の群れで行動する。

長い嘴を利用して、干潟の砂の中のカニ等の甲殻類を捕食する。

また、草地の中の昆虫類を捕食することもよくある。

 繁殖期はつがいで生活をし、地表に営巣して卵を産む。雌雄とも抱卵をする。

 

2010.5.4 男鹿市

2010.5.9 にかほ市

2012.4.28 にかほ市

2012.4.28 にかほ市

2012.4.29 男鹿市

2015.4.19 八峰町