メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

トウゾクカモメ

 

49cm  旅鳥

 

体色は淡色型から暗色型まで様々なパターンがある。

いずれの型も初列風切の基部に明瞭な白斑がある。

淡色型は目先から頭頂は黒褐色。

喉から頸にかけては白く側頸は黄色がかった白色。

嘴は淡赤色や淡青灰色で先端部は黒色。

暗色型は全身が黒褐色。

 

非繫殖期は洋上で生活する。

あまり群れを作らず単独で飛翔していることが多い。

天候が荒れた時には内湾や港など陸地近くでも観察される。

 

洋上では他の水鳥を空中で攻撃し、獲物を放したり吐き出したところを

空中で奪い取る行為を行う。

繫殖期には小型哺乳類や海鳥の雛、卵なども捕食する。

 

2019.4.27 秋田沖(男鹿市沖合い)

2019.4.27 秋田沖(男鹿市沖合い)

2019.4.27 秋田沖(男鹿市沖合い)

2019.4.27 秋田沖(男鹿市沖合い)