メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ハマシギ

 

21cm  旅鳥

 

他のシギ類同様、嘴と足が長い。冬羽は灰白色の細かいまだらもようだが、夏羽は頭と翼が赤っぽく、腹が黒くなる。近縁種のうち、夏羽で腹が黒いのはハマシギだけなので、この時期は近縁種とも区別しやすい。雌雄同色。

 

干潟、河口、砂浜、埋め立て地、水田などに渡来する。

数万羽に及ぶ大群を作る習性がある。大群が同調して飛ぶ様は壮観で、テレビ番組などでもたまに登場する。なお、足環をつけた調査によると、これらの大群は毎年ほぼ同じ個体で構成されており、群れの間での交流はほとんどないことがわかっている。浜辺で見られるシギ類というのが和名の由来。

 地上で貝類、甲殻類、ゴカイ、昆虫類などを捕食する。

 

2011.4.23 男鹿市

2011.4.23 男鹿市

2011.4.23 男鹿市

2011.5.22 男鹿市

2012.1.5 男鹿市

2012.10.21 男鹿市

2012.10.21 男鹿市

2012.10.27 男鹿市

2012.11.3 男鹿市

2012.11.3 男鹿市