メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

クイナ

 

29cm  夏鳥

 

面の羽衣は褐色や暗黄褐色で、羽軸に沿って黒い斑紋が入り縦縞状に見える。顔から胸部にかけての羽衣は青灰色。体側面や腹部の羽衣、尾羽基部の下面を被う羽毛は黒く、白い縞模様が入る。

虹彩は赤い。嘴は長い。嘴の色彩は褐色で、基部は赤い。後肢は褐色や赤褐色。

卵の殻は黄褐色で、赤褐色や青灰色の斑点が入る。繁殖期は嘴が赤い。

 

水田、湿地、湖沼、湖畔などに生息する。

半夜行性で昼間は茂みの中で休む。

驚くと尾羽を上下に動かし、危険を感じると茂みに逃げ込む。

食性は雑食で、昆虫類、クモ、甲殻類、軟体動物、魚類、両生類、小型鳥類、植物の茎、種子などを食べる。

 

雄が雌の胸部に嘴で触れ、翼や尾羽を上げて下尾筒を収縮させる。

雌は鳴き声をあげながら雄の周囲を徘徊し、嘴を互いに擦り付けたり羽づくろいをして求愛する。また雄は雌に食物を与える求愛も行う。

繁殖期にペアで縄張りを形成する。草原、ヨシ原などに枯れ草などを組み合わせた皿状の巣を作り卵を産む。雌雄交代で抱卵する。

 

2012.9.30 秋田市

2012.9.30 秋田市

2012.9.30 秋田市

2012.9.30 秋田市