メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

アオバト

 

33cm  夏鳥

 

名前の通り全体的にオリーブ色だが雄は頭から胸にかけてが黄色。

腹はクリーム色、肩から羽が暗赤色。

一方雌はそれらの箇所もオリーブ色である。彩虹は青色。

 

広葉樹林や針広混交林を好み、単独~多い時は10羽程度の群れを作って行動する。「オーアーオー」等と聞こえる独特の声で鳴く。

樹上に木の枝を束ねた皿型の巣を作る。植物食で果実や種子等を食べる。

現在、繁殖が確認されているのは日本のみ。 比較的身近な鳥でありながら、その産卵習性などが発見されたのは、戦後(第二次世界大戦)以降の事である。

 

森林に生息しているが夏から秋にかけて海岸に現れることもある。

その理由は塩分やミネラル補給のためと考えられている。その際、尾羽から下半身にかけてを意図的に海水に漬ける「尾浸け」という行動を行うことが知られているが、なぜそうするのかは明らかになっていない。海水を飲む際には高波に呑まれたりハヤブサに襲われて命を落とす個体もいる。

 

2011.7.24 潟上市

2011.8.13 潟上市

2012.9.16 潟上市

2012.9.16 潟上市

2016.7.24 潟上市

2016.7.24 潟上市

2016.7.24 潟上市

2017.8.15 潟上市

2017.10.1 五城目町