メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

キジバト

 

33cm  留鳥

 

体色は雌雄同色で茶褐色から紫灰色。翼に、黒と赤褐色の鱗状の模様があるのが特徴。また頚部側面に青と白の横縞模様がある。

和名の由来はキジの雌に体色が似ていることが由来とされる。

 

市街地から亜高山帯まで広く分布し、農耕地や周辺の集落、雑木林に多い。

樹上に小枝等を組み合わせた皿状の巣を作るが、古巣を利用することも多く、人工建築物に営巣することもある。

雄のさえずり声はかなり特徴的である。 「デデッポッポー」と表現される。

 

食性は雑食で主に果実や種子を食べるが昆虫、貝類、ミミズ等も食べる。

一般的にはつがいで見られることが多いが、繁殖がうまくいかなかった場合は1シーズンで番を解消するパターンも多い。

 

2010.8.16 大潟村

2010.10.3 秋田市

2010.6.6 潟上市

2011.5.29 秋田市

2011.5.29 秋田市

2015.4.26 大潟村

2015.10.4 秋田市