メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

コチョウゲンボウ

 

♂29cm♀33cm  冬鳥

 

嘴から下方へ向かう黒い斑紋はないか不明瞭。

雄は頭頂部と背面、翼の上面が鮮やかな青灰色。

頚部は腹面橙褐色で褐色の縦斑がある。雌は上面が灰褐色で黄褐色の斑があり、頚部、腹面は黄白色で黒色の太い縦斑がある。

 

農耕地、干拓地、草地など開けた場所に生息する。

食性は動物食で小型鳥類、小型哺乳類、昆虫類等を食べる。

小型の鳥類が主食で、飛翔中の獲物を素早く追い回し捕らえる。またハヤブサ同様に、獲物の背後に回って蹴落とすこともある。

 

岩場の上など地上に木の枝などを組み合わせた皿状の巣を作る。

森林地帯で繁殖する個体は、カラス類の古巣を流用することが多い。

雌雄共に抱卵を行うが、主に抱卵は雌が行う。

越冬地では、数羽から十数羽の群れでねぐらをとる。

 

2010.1.31 大潟村

2010.12.26 男鹿市

2010.12.26 男鹿市

2011.1.5 大潟村

2012.1.7 大潟村

2012.3.4 大潟村

2012.11.3 潟上市

2015.12.23 大潟村