メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

チゴハヤブサ

 

♂34cm♀37cm  夏鳥

 

ハヤブサよりも小型であることが和名の由来だと思われる。

背面や翼の上部の羽毛は青味がかった灰色。眉間、咽頭部から頚部側面、腹面の羽毛は白く、胸部から腹面にかけて黒い縦縞が入る。

頭部の羽毛は黒く、眼の周囲の羽毛は黄色い。翼は長く先がとがっており、静止時の初列風切羽は尾羽よりも長くなる。雌雄同色である。

幼鳥では下腹部は白いが、成長に伴い赤味を帯びる。

 

平地から山地にかけての林などに生息する。単独かつがいで生活する。

食性は動物食で大型の昆虫類や小型鳥類、コウモリ等を食べる。飛翔しながら獲物を捕らえる。捕らえた獲物は、一定の食事場所へ運んでから食べる。

 

樹上に木の枝を組み合わせた皿状の巣を作るが、カラス科の構成種や小型のタカ類の古巣を用いることも多い。

主に雌が抱卵を行い、その間雄は狩りを行う。

 

2016.8.12 秋田市

2016.8.12 秋田市

2016.8.12 秋田市

2016.8.12 秋田市

2016.8.12 秋田市

2016.8.19 横手市

2016.8.19 横手市

2016.8.19 横手市

2016.8.19 横手市

2016.8.19 横手市

2016.8.19 横手市

2016.8.19 横手市

2017.8.13 横手市

2017.8.13 横手市

2017.8.13 横手市