メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

フクロウ

 

50cm  留鳥

 

雌雄同色。上面は褐色の羽毛で覆われ、濃褐色や灰色、白い斑紋が入る。

下面は白い羽毛で被われ、褐色の縦縞が入る。

顔は灰褐色の羽毛で被われ、顔盤はハート型。翼は短く、幅広い。

翼下面は淡褐色の羽毛で被われ、黒い横縞が入る。

平たいお面のような顔で、頭は丸くて大きい。目は、他の種類の鳥が頭部の側面にあるのに対して、人間と同じように頭部の前面に横に並んでいる。虹彩は黒や暗褐色で。嘴は先端が鋭く、視野の邪魔にならないように短く折れ曲がっていて、色彩は緑がかった黄褐色。羽毛で被われた指が前後2本ずつに分かれていて、大きな指の先に鋭いかぎ状の爪が付いている。ミミズクにある羽角はなく、耳は目の横にあり顔盤の羽毛で隠れている。幼鳥は全身が白い羽毛で被われる


平地から山地の巨木のある林に生息する。

単独またはつがいで行動し、渡りは行わない。

夜行性で昼間は樹洞や木の横枝などでほとんど動かず目を閉じで休息している。夕方から活動を始めるが、日中に行動することもある。

冬場の獲物が少ない時や強風や雨天が続いた場合は昼間でも狩りを行ったり、保存した獲物を食べる。日中木の枝でじっとしている時にカケスなどの他の鳥に騒ぎ立てられて、他の場所へ逃げ出すこともある。

 

森林内の比較的開けた空間や林縁部などの樹上で獲物を待ち伏せて、首を回しながら小動物の立てる物音を察知し獲物を見つけると羽音を立てずに軽やかにふわふわと直飛し獲物に近づく。

足の指を広げて獲物の背中に突き立て、獲物を押さえつけて締め殺す。

 

2012.1.2 秋田市

2012.12.23 大潟村

2013.5.25 秋田県内某所

2013.5.25 秋田県内某所

2016.5.8 秋田県内某所

2016.5.8 秋田県内某所

2016.5.8 秋田県内某所

2016.5.8 秋田県内某所

2016.5.8 秋田県内某所

2016.5.8 秋田県内某所

2016.5.8 秋田県内某所

2016.5.8 秋田県内某所

2016.5.8 秋田県内某所