メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ササゴイ

 

52cm  夏鳥

 

後頭には数本の羽毛が伸長する。羽衣は青灰色で、喉に白い縦縞が入る。

額から後頸にかけて青緑色がかった黒い羽毛で被われる。

眼先は羽毛が無く、黄色い皮膚が裸出する。雨覆の色彩は青緑色がかった黒褐色、風切羽の色彩は黒褐色で、羽毛の羽縁は白い。羽縁が白い羽がササの葉に見え、和名の由来になったと考えられている。

虹彩は淡黄色。嘴は細長く、色彩は黒い。後肢は短く、色彩は黄色。

幼鳥は羽衣が濃褐色や黒褐色、下面の羽衣が白い。下面には褐色の縦縞が、翼には白い斑点が入る。繁殖期には眼先が青くなり、後肢の色彩が赤みを帯びる。

 

河川、湖沼、水田、池などに生息する。

薄明薄暮性で主に夕方活動し、昼間は水辺の森林で休むが昼間や夜間に活動することもある。単独もしくはペアで生活する。

静止時には頸部をアルファベットの「S」字状に曲げている事が多い。

食性は動物食で、魚類、両生類、甲殻類などを食べる。

水辺で獲物を待ち伏せて捕食する。

一部の個体群では水面に物を落とし、近づいてきた獲物を捕食する。

 

雑木林や松林などに単独もしくは小規模な集団繁殖地を形成して繁殖する。樹上に雄が巣材となる木の枝を運び、雌がそれを組み合わせた巣を作り卵を産む。

雌雄交代で抱卵し、育雛は雌雄共同で行う。

 

2010.7.4 男鹿市

2010.7.4 男鹿市

2011.5.15 男鹿市

2011.7.3 男鹿市

2011.7.3 男鹿市

2012.5.20 男鹿市

2012.5.20 男鹿市

2012.5.20 男鹿市

2013.8.11 男鹿市

2015.8.30 男鹿市

2015.8.30 男鹿市