メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ハジロミズナギドリ

 

40cm  数少ない旅鳥


 全身暗色の大型種で背面は濃い暗褐色、嘴周辺のみ白い斑点がある。

体の下面は、やや淡い黒褐色。翼の下面は初列風切基部の白色が特徴的で、黒い円帯がある。嘴と脚は黒色。尾はくさび型でやや長い。

 春から秋にかけて本州中部から北海道にかけての太平洋岸で観察される。

通常は1羽から数羽で記録されるが、50羽以上の群れが観察されたこともある。

また、冬季の記録もある。繁殖期以外は海洋に生息する。

翼は長く、羽ばたきはやや緩やかで低い滑空で飛ぶが、風波があれば弧をえがいて速く飛ぶ。海上の比較的高い場所を飛んでいることが多い。
食性は動物食で、魚類や軟体動物などを捕食する。

 

2017.9.23 秋田沖(男鹿市沖合い) 39°53`12 N

2017.9.23 秋田沖(男鹿市沖合い) 39°53`12 N

2017.9.23 秋田沖(男鹿市沖合い) 39°53`12 N