メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

アズマモグラ

 

地域変異が大きく山地個体群は小型で、太平洋岸平地個体群は大型になり体重では約2倍の差異がある。尾は短い。

毛色は山地個体群は暗褐色、河川下流域の平野部個体群は褐色みが強い。

低地の草原・農耕地から山地の森林にかけて生息するが、湿潤で土壌の深い平野部を好む。森林内でも土壌が豊かな所には生息する。

地下にトンネルを掘り、そこで生活をする。掘り出された土は地上に出され、モグラ塚を作る。活動と休息を含む1日3回の周期をもつ。

主に昆虫やミミズを食べるが、ジムカデ類、ヒル、植物の種子なども食べる。