メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ニホンジカ

 

全身は茶色だが尻の毛は白く縁が黒い。
夏には胴体に白点が出現し冬になるとほぼなくなる。
オスは枝分かれした角を持ち、春先になると落下し新たな角に生え換わる。

常緑広葉樹林や落葉広葉樹林、草原などに生息する。
一方で完全に森林から離れることはなく森林の周辺・森林内に草地が点在する環境を好む。
積雪地帯では冬季に積雪を避けて季節的な移動を行うこともある。
雌雄別々に群れを形成するが、採食地では合流することもある。

北海道・本州などの落葉広葉樹林に生息する個体はイネ科の草本、ササ類の葉、木の葉、堅果などを季節によって食べる。
九州などの常緑広葉樹林に生息する個体は周年木の葉を食べる。
農作物を食害する、植生を破壊する害獣とみなされることもある。
主に薄明薄暮性だが狩猟期には夜行性。