メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ホンドギツネ

 

食性は季節や生息環境により変化する。

肉食の傾向の強い雑食性であり、主にネズミ類、鳥類、昆虫類などを捕食するが果物など植物質のものも食べる。

狩りをする時は、決まったルートを通り獲物を単独 で探す。

里山から高山までの森林に住み、森林に接する草原や農耕地に出てくることもある。人里に近い所では畑のトウモロコシを荒らしたり、家畜のニワトリを襲ったり、人家のゴミを漁ったりすることがある。

開発とタヌキや野犬の繁殖の影響で、急速に数を減している。

 

普段は縄張りを守って行動するが、交尾期は互いの縄張りを侵す

アナグマが掘った古い巣を利用することもあるが、日当たりの良い林や草原などに巣穴を作ることが知られているが、この巣穴は通常、子育てのみに利用され、その他の期間は、一時的な避難場所として使われることはあっても、一年中使われるわけではない。