メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

ホンドタヌキ

 


活動時間帯は主に夜間である。

歩行はキツネが足跡をほぼ一直線に残すのに対して惰行した足跡を残す。

これはキツネの肩幅が狭く、肩幅が広いことに起因する。木に登ることもできる。

食性は雑食性である。農作物や生ごみなどの人為的なものから銀杏、果実、ネズミ、鳥、カエル、ヘビ、昆虫、サワガニ、ザリガニ、ミミズなど何でも食べる。

活動領域は他の複数の個体と重なっており排他性がない。ため糞は活動領域が重なっている複数の個体によって形成される。

 

春から夏にかけては子育ての時期である。

子育ては夫婦で行う。初夏になると幼獣は親タヌキ夫婦と一緒に巣穴の外に出て行動するようになり、食べ物も自分で見つけられるようになる。

夏は親子で行動する。秋は子どもが親離れをする時期である。

夏の終わり頃から親子の関係が弱くなり、また、子ども同士の関係も弱くなる。