メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2012年8月12日 31/22℃ 晴れのち曇り



今日から夏期休暇に入りました(・∀・)ウキウキ♪

秋田市では竿燈が終わり立秋を過ぎた頃から朝晩は涼しく感じるようになりました。
とは言え日中はまだまだ暑いので、今日も午前中だけの観察です。


そろそろシギチが増えてる頃かなと思い浜辺に行ってみるとオバシギが1羽。

小幅に移動しながら餌を採っていましたが、時々貝殻を食べていました。
カルシウム不足なんでしょうか?

この他にはソリハシシギが1羽いたものの観察しようと思ったら随分と遠くまで飛んで行ってしまって姿を見失ってしまいました(´Д`)
やっぱり双眼鏡が必要かなぁと思ってみたり・・・

浜辺には他にこれといってシギチの姿は見あたらず残念な結果に。
仕方ないので休耕田巡りにシフトチェンジ☆


農耕地をウロウロするとショウドウツバメがヒラヒラと飛んでいました('_')
電線に止まっているショウドウツバメをパチリ☆

秋田では渡りの時期に見られるツバメで、軒先に営巣するツバメより一回り小さいサイズです。

写真はズームした状態で撮影したものですが、引きの状態は・・・

沢山いるんです!
この辺り一帯には数千羽のショウドウツバメの群が羽を休めていました。
いつぞやのカモメのように、秋田弁で云う「わや」な状態。

観察をしている途中、ハヤブサが通過。
ハヤブサはショウドウツバメを襲うことはありませんでしたが、警戒した群が一斉に飛んだので更にわやな状態に( ̄○ ̄;)

そして別の電柱には・・・

アマサギがいっぱい(笑)
これは個人的に面白画像♪


しかし農耕地をあちこちチェックしたものの休耕田は草がボーボーだったり、豆が植えられていたりとシギチが入りそうな場所は少なくなりつつあるようです。

そんな中、農耕地で元気一杯に囀っていたコジュリン。

近くに♀もいましたが、どちらとも口を開いている状態が長く見受けられました。
暑さが影響しているのでしょうか?

そして休耕田に入っていたのは・・・

コチドリの幼鳥。
見上げる仕草がとても可愛かったです(´∀`)
結果的に休耕田で観察できたのはコチドリ幼鳥のみ。

シギチが本格的に増えてくるのはもう少し後のようだなと感じたところで今日の観察は終了しました。



今日のおまけ

農耕地をウロウロしているとこんな物が・・・

一体何対策だ!?(笑)