メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!



2014年12月21日 2/-2℃ 曇り



Merry X'mas☆

ちょっと早いですが、おりこうさんにしている私にサンタさんからクリスマスプレゼントが届きました(・∀・)!!

今時のサンタさんは宅配便を利用するようで、小包にはTaiwanの文字。

早速小包を開封してみると、中から出てきたのは玉手箱・・・ではなく、レンズに装着する迷彩カバーでした♪



早速装着!

台湾の皆さん、本当にありがとう(。・ω・。)



さて、今日の鳥見は自宅から近い小さな川での観察です。

この川というのはカササギの出現ポイント近くを流れる川で、謎のカモが出ているとのこと。

支部のバーダーさんがカワアイサを見ていたら出てきたそうで、ブログで画像を拝見しましたが「なんだこれ!?」といった感想。


そんな訳で早速ポイントに行ってみると、難なく謎のカモを発見(´ω`)



遠巻きに見ても普通の一般的に川に生息するカモよりサイズは大きいです。

黒っぽい身体でずんぐりとした感じ。
手持ちの図鑑では、これと合致するカモはなく全くもって正体不明。

一体何者なのか(◎-◎;)


しばらく遠くから様子を伺っていましたが、飛んで居なくなるほどの警戒心はないようでカルガモと共に行動しているようでした。

少し近くで見てみようと思い、対岸側に行って木の陰から観察。


近くでみると益々大きく見える(@_@)

一緒にいるカルガモと比べてみても、一回りどころか二回りくらい大きい感じ。
マガンくらいのサイズかなぁ。


川岸でしきりに何かを啄んでいる様子が見てとれたので、何を食べているのか注意深く見ていると、僅に残った緑色の草を食べていることが判明。



こんなもんで腹が満たされるのか?(笑)


観察していて分かったことは、この謎のカモ自体は警戒心がそんなに強くないということ。

この川にはカルガモ、コガモ、カワアイサがいましたが、それらのカモが警戒して移動すると釣られるようにして謎のカモも移動しますが、他のカモと離れている時は謎のカモから近付いてくることもありました。


謎のカモは食事を済ませ川岸に上陸。

どんな足ヒレをしているのか?
気になったので藪の隙間から盗撮(・∀・)


随分と年期を感じる足ヒレ。
泥で汚れている訳ではないようなので、だいぶ年の個体なのか。

ここで入念に羽繕いをしていました。


しばらくするとまた川に入って短い距離を行ったり来たり。

この時、雲の隙間から日差しがあり再び撮影を開始!



日差しのお陰で、今まで黒っぽく見えていた身体は紫色であることが分かりました(。・ω・。)

紫・茶・緑・灰・黒の色が織り混ざった身体はとても綺麗で、どうしても正体が気になりFacebookを利用して全世界に画像を発信。


それと同時に先輩にも画像を送信。

急かすようにして電話も掛けて「何のカモだと思う?」と聞いてみたところ「アヒルの一種だ(笑)」との回答。

Facebookに発信してしまったことを伝えると「アヒル業者から反応あるかもね(笑)」と笑われました(´・д・`)


その後、Facebookから携帯に通知が入り確認をしてみると台湾の呉さんから回答があり、やはりアヒルとの回答で、交雑の「ドバン」だろうということでしたφ(..)メモメモ

ネットで画像を見てみると、まさに川を泳ぐ謎のカモと全く同じ写真が出てきて一件落着(笑)


そんなこんなで今日の観察日記はここまで(・∀・)ノ