メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2014年8月13日 28/20℃ 曇り時々晴れ



お盆ということもあり、所用の合間をみての観察&日記更新です(´ω`)

台風通過後から朝晩の気温も落ち着き、だいぶ過ごしやすくなってきました。

しかしながら、お盆期間は13日のみ安定した天気との予報。
うかうかしていると観察ができない日々が続きそうだったので、忙しくなる前に観察です(・∀・)


先ず最初に向かったのはアオバトがよく集まる海岸。

 

 

現地に着いて直ぐに群れを確認(´ω`)

あとはアオバトたちが浜辺に降りてくるのを気長に待つだけ。


約5分も待ったでしょうか。
数羽のアオバトが浜辺の方に飛んできたと思ったら、それを追うように黒い影が・・・

 

 

ハヤブサが出た(´・д・`)

アオバトが集まるのを知ってか、この場所では度々ハヤブサの姿を目撃します。

逃げ惑うアオバトに追い回すハヤブサ。
その様子をただ見守ることしかできない私は、ハヤブサの動きを注意して見ていると、何処からかもう一羽のハヤブサが・・・


そしてまたもう一羽・・・

一体どうなっている(@_@;)

狭い範囲で3羽のハヤブサが飛び交い、アオバトたちは逃げるので精一杯。

3羽のうち2羽は若い個体で、もう1羽は成鳥でした。

成鳥の方は強風も手伝って、あまりにも動きが早くファインダーの中にいれることすらできません。

 

 

軽快に飛び回る姿はまさに戦闘機のF-16Fighting Falcon。

鳥ですから、背面飛行はしないもののインメルマンターンやスプリットSに似たような飛び方を見せ、 戦闘機の機動飛行と何ら変わらず。

視点を変えて観察してると、ほんと戦闘機にしか見えません(´ω`)


こちらの若鳥はギア(車輪)を出しフラップを下げてエアブレーキを掛けた状態。

一体何かと思ったら・・・

 

 

爆弾投下による地上攻撃でした(´・д・`)

狙われていたのはアオバトだけでなく、この私も対象。
あぶないあぶない。


しばらくして支部の先輩ご夫婦と一緒になり、しばらく様子を見ていましたが、ハヤブサたちの狩りは延々と続きアオバトたちが浜辺に降りてくることは一度も確認できないまま撤収。


シギチの渡りも始まっているということもあり、少し場所を移動してシギチ探しをしていると、春の渡りで初見することのできたアカエリヒレアシシギの姿を確認。

 

 

時期的に春とは装いも変わって、冬羽に移行していました。

先日の台風の影響で疲れているのか、餌を採っては休んでの繰り返し。

 

 

特に怪我をしている様子はなく、餌はちゃんと採れているので時期に元気よくなることでしょう☆


風も強くハヤブサの登場もあり、予定とは違った観察になりましたが取り合えず今日の「バードランド」はこれにておしまいです(・∀・)ノ