メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!



2015年10月11日 19/13℃ 曇り一時雨



他所様が3連休のところようやく私も連休に入りました(´ω`)

昨日とても良いお天気で何とも怨めしく思いながら仕事をこなし、ようやく自分も連休に入ったと思えば悪天候の予報。
嫌がらせでしょうか(笑)


さていきなり愚痴から始まりましたが、今回はいつもと趣向を替えまして和菓子の話題にお付き合い下さい(´ω`)


事の発端は悪天候の予報から始まります。

せっかくの連休、まともに観察ができない状態において有意義に過ごす方法は他にないものか?

こんな想いから色々と思案していくなかで、思い付いたのが秋田県内陸南部の湯沢市にお店を構える和菓子屋さんの存在。

Twitterで毎日午後3時になるとこちらの和菓子屋さんからテロのように美味しそうなお菓子の画像がツイートされてきます。

そんな画像を毎日眺めつつ「いつか行きたい!」と日々想いを募らせていましたが、とうとうその時が来ました。



今日行かずしていつ行く!



思い立ったが吉日、天気予報を見比べても秋田市より湯沢市の方が幾分天候が良さそう。

和菓子屋さんの訪問ついでに、普段行くことのない場所で探険的な鳥見もいいんじゃないかと。


不安と期待の入り交じるなか、下道を走り片道2時間かけて和菓子屋さんに無事到着。


購入し持ち帰った和菓子たち。
(実際はこれより多くの和菓子を買いました)

この和菓子をたらふく頬張る為に極力ご飯を食べずにお店に入ったもので、気持ちが舞い上がってしまい以前から購入を考えていたお菓子を数点買い忘れてしまいました。

お店を出て直ぐに早速どら焼きを頬張りましたが、その辺のスーパーで買うようなものとは比べ物になりませんでした。

みたらし団子なんてまるで宝石のように輝いてましたし(●´∀`●)


どら焼きで運気を上げたところで野鳥観察へ向かいますが、土地勘もない場所で一体どれだけの鳥見ができるのか?

右往左往しながら車を走らせると見慣れないシルエットの鳥が電線で「ギューイ、ギュイギュイギュイ」と聞いたこともないような鳴き声で鳴いていました。


オナガ!!!!!

私は初めて見る鳥!


慌てる気持ちを抑えつつ取り敢えず撮影をしましたが直ぐに飛んでしまいました(´・ω・`)

しかし辺りからは同じような鳴き声があちこちから聞こえてきます!

鳴き声のする方へ移動すると木々が生い茂った場所に沢山のオナガの姿が。



しかしカメラを向けると直ぐに枝葉の混み合った場所に潜ってしまいます。

この行動カケスと非常によく似ています。

それもそのはず、この鳥はカケスと同じカラスの仲間。

カラスのくせして結構警戒心が強い。
付近には民家や商店も建ち並ぶ場所ですが、こちらの気持ちを察してか「観察オーラ」を出すと直ぐに距離を取られてしまいます。


ここは忍法知らないフリ( ・ω・)


通りすがりに一瞬カメラを向けて連写後にそのまま歩いて行くという忍法です。

ただこの忍法、大抵失敗します。

まずブレた写真になるのですが、この時に撮影した個体はどうやら今年生まれの子のようで警戒心が成鳥ほど強くなく撮影は成功。

そんなことからもう一度近付き様子を見ていると、しきりに鳴きながら羽をパタパタさせ餌をねだる様子が確認できました。

未だ親鳥から給餌してもらっているようです。

そして親鳥から餌を貰い移動を繰返して兎に角忙しなく動き回り、じっとしてることをせずあっちに行ったりこっちに来たり。

どうも群れで行動しているようでその数は20を越えていました。


なかなかうまいこと距離を保たれるので遠巻きな観察が主でしたが、幼鳥はたまに近くで観察することができ親鳥と尾羽の長さが違うということが印象的でした。



過去には同じ内陸の南部地域でも繁殖の記録があったと支部の先輩から教えて頂きましたが、秋田県においては久し振りの記録となるそうです。

図鑑を見ても観察できる地域は局所的なようなので、今日は和菓子屋さんから頂いた「棚からぼた餅」でした。

今夜も私は和菓子三昧。
至福の時間が続きます(´ω`)

それではまた。