メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!



2015年10月12日 17/13℃ 曇り時々雨



こんばんは、キャラメル大福の美味しさに悶絶した和菓子大好きEndoです(´ω`)

今回は昨日の日記の補足から。
和菓子屋さんの店名の記載をうっかり忘れ、甘党仲間から問い合わせがありましたので改めてご案内。

和菓子屋さんの正式な屋号は「お菓子処 やな田」さんで、湯沢ICの直ぐそばにお店がありました。
ネットで調べると商品の一覧も見れるので、実際に足を運ぶ前にはチェックするのもいいかも(・∀・)


さて今日は秋の渡り鳥探しといきたいところですが、やはり予報通りの悪天候。

それに加えて例年巡回するルートはいまいち鳥の出がよろしくないようなので近場でゆっくり観察をすることにしました。


広い敷地に着いて最初に目に入ったのはイソヒヨドリ。



石の隙間に頭を突っ込み何やら餌を採っているようでしたが、実は昨日オナガを観察している時にこれに似たような鳥で更に明るめ色味の鳥を目撃しました。

しかし発見と同時に枝葉の混み合った場所に潜ってしまい再び姿を見せることがなく、確信を持てる程しっかりと姿を確認できなかったのでこの珍鳥情報はお蔵入り。


イソヒヨドリを見たあと敷地内をゆっくり見て回ると水溜まりで水浴びしている小鳥を発見。

付近を通過する車により飛んでしまいますが入れ替わりで小鳥たちが水浴びに来るようです。



ホオジロ類で珍しい子が飛んで来ないかしばらく観察。

脈拍が早くなるような出会いがあったと思いきや冬羽のホオアカだったりと、そう簡単に珍しい子との出会いは訪れず。


今日は時々土砂降りになる天候で、観察をしては一端待機の繰返し。

雨が止んで一瞬日差しが見えた時にはノスリが翼を広げて羽を乾かしていました。



ノスリやケアシノスリがこのように翼を広げてる姿を何度も見ていますが、同じ猛禽で比較的よく姿を見るハヤブサやオオタカでこのような格好をしている姿を未だ見たことがありません。

ノスリ特有の格好なんでしょうか?


さて広い敷地には大小いくつもの水溜まりがあり、よく見るとハマシギが1羽入っていました。


 

先々週この場所で観察した時にも同じように水溜まりがあったので、もしかしたら今までシーズン中には沢山のシギチが入っていたかも。

来年は要チェック!


天候の悪い時間が続き、なかなか思うような観察ができず瞼は重くなりうつらうつら。

帰って寝ればいいのにその場で居眠りをしてると、野良犬のような生き物が付近を通過していきました。

 


油断禁物(´・д・`)


次の週末までにはワクワクするような情報が飛び交うことを期待して、今日の観察はこれにておしまいです。