メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!



2015年10月4日 18/10℃ 曇り時々晴れ



標高の高いところでは紅葉も進み、秋も深まりつつある今日この頃(´ω`)

一昨日は爆弾低気圧が通過した影響で各地で風が吹き荒れました。

この時期にあれだけの風が吹くと渡りの途中の鳥たちが普段立ち寄らない場所に避難したりと「珍鳥」と呼ばれる珍しい鳥と遭遇する機会に恵まれることがあります。

今回の低気圧が通過した後は必ず珍鳥が出る!と踏んでいたところ、隣県の鳥友さんから届いたメールには【爆弾低気圧の置き土産】の題名が(・∀・)



出たな!!!

ワクワクさせるような題名のメールを開いてみると、セグロサバクヒタキと思われる個体の素晴らしい画像が添付されていました。

なんとも羨ましい(●´∀`●)


休日を迎えた今日、私も珍鳥探し!



といきたいところですが・・・午前中から用事が入っていました(´・д・`)


週の前半から今日の観察はお休みとしていたのですが「少しでも観察に出たい!」という、そんな気持ちから僅かな時間ですが珍鳥探しに出ることにしました。


この時期によく行く珍鳥スポットは時間的に無理があるので、近場で珍鳥スポットに酷似した場所をパトロール。


着いて直ぐに目に入ったのはツル!



ツルかと思いましたが似たような鳥でした。


一瞬、本当に心拍数が上がりました(◎-◎;)


実は昨日の仕事帰りにこれによく似た白いサギが首を伸ばしたまま飛んで行ったんですよ。

シラサギの類いは首をS字に折り畳んで飛行するので、鳥屋さんはこの話を聞くと首を伸ばした状態で飛ぶヘラサギかクロツラを連想すると思います。

私もそう思い、一度は見失った個体を血眼になって探し出し再び飛んでいるところを見つけました!

ヘラサギなのかクロツラなのか識別してやろうと進行方向に先回りして待ち構えると、やって来たのは首を伸ばしたまま飛ぶダイサギでした(◎-◎;)

ちょっとイラッとしました。



さて話を戻して、荒れ地や埋め立て地などには南下してきた鳥が立ち寄ることが多く、北の地域で過ごしてきた場所と似たような場所を選んでいるようです。


そんな荒れ地を見て回ると・・・


なんと!!!?



鳥屋の皆さん(特に秋田の鳥屋さん)、今ドキドキしてますね?



 

荒れ地で見つかる珍鳥と似たようにして餌を採る鳥が出ました。


う~む。

ちょっと探している鳥と違うかな(´・ω・`)

時間に急かされるようにして見つけた小鳥はスズメ、ヒバリ、ホオジロ、カワラヒワ、ハクセキレイなど。

 


残念ながら爆弾低気圧の置き土産を見つけることのできないままタイムアップ。

日記を見て下さる方には面白味のない話題で申し訳ない気持ちが残りますが、私としては少しでも観察ができて満足でした(´ω`)


さて今回の日記はここまでとなりますが、当ホームページをより楽しんでいただけるよう、少しずつサイト内を手直ししております。

更新中はお見苦しい点もあると思いますが、野鳥に興味を持つ切っ掛けになっていただけるよう、より初心者向けなサイトになるようにと考えています。

ご要望などございましたら可能な限り反映していきたいと思いますので、お気軽にメールフォームからメッセージを頂ければと思いますm(_ _)m