メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!



2015年5月31日 20/16℃ 雨のち晴れ



東北六魂祭で盛り上がる秋田市(´ω`)

今までになかったお祭りということもあり、竿燈祭りの時と違った感じの盛り上り方です。

さて東北六魂祭では空自・ブルーインパルスによる展示飛行もあり、秋田市在住の方は目にした人も多いと思われます。


ついこの前から放置していたTwitterを再開しまして、そちらの方でもブルーインパルスの話題があちこちから聞こえてきました。

そんな訳で今日は最初にブルーインパルスや航空祭の話題を(・∀・)



まずは簡単にブルーインパルスのおさらい。

ブルーインパルスは航空自衛隊唯一の展示飛行を専門とする飛行隊で、松島基地に所属します。


ブルーインパルスのパイロットは戦闘機部隊から選出され任期は3年。

最初の1年は訓練だけを行い実際の展示飛行は2年目からになります。

3年目は自らの訓練をしながら後進パイロットの訓練指導にあたり、任期を終えると戦闘機部隊に戻ります。



ブルーインパルスの機体は戦闘機パイロットが訓練生時代に乗っていた練習機をアクロバット用に改造したもの。

展示飛行中に見えるスモークは、下画像の黄色いキャップが付いている部分からスピンドルオイルが噴射され、排気熱で気化してスモークになる仕組み。

 

さて、今回の東北六魂祭での展示飛行は松島基地からのリモートでしたが、2000m級滑走路を持つ空自基地の航空祭ではブルーインパルスのショーをエンジン始動場面から見ることができます。

因みに、ブルーインパルスの機体は車のように鍵を回してエンジンをかけるのではありません(笑)
電源車と呼ばれるものがないとエンジンが始動しないんですよ(・∀・)


航空祭でブルーインパルスや戦闘機を見てみたいとい方は航空祭へ足を運んで見て下さい!


そしてブルーインパルスを見て自衛官になりたい!自衛隊を受験してみようかな?と思ってる方が周りにいませんか?
是非とも私にご連絡頂ければと思いますm(_ _)m


頑張り次第ではブルーインパルスのパイロットになることも可能です!
志しある方、またはご父兄様からの連絡お待ちしております。


これが言いたいが為の、壮大な釣り針でした(笑)



 

さてと、ここからようやく観察日記。

でも釣り針が大きすぎて面倒になってきたので、手抜き記事で( ̄ー ̄)



様々なブログを見ている方は最近よく目にする鳥はいませんか?

そう、あの鳥。

 

私も今季初を見る為に「昨日の夜から!」行ってきました(´ω`)

お祭りの渋滞を考慮して前のりです。

 

観察場所となる山に入ると同時にポツリポツリと雨が落ちてきて、目的地に到着する頃には酷い降り方に変わりました。

まぁ朝には止むだろうと23時頃に車の中で就寝。

 

 

 

 

 

「キョッキョ!キョッキョ!」





一体何なん!?

全然寝れないんだけど(`Д´)ノ


どしゃ降りにも関わらず、この夜中に鳴き喚く正体不明の鳥。

鳴いていて興奮してるのか分かりませんが、途中からテンション上がってくる感じで、鳴き止んだと思えばまた飛んできて鳴いての繰り返し。


この鳥がですね、一晩中鳴いて一睡もできませんでした。


夜が明けても降り続く雨。

ぼんやりと外を見ていると・・・


おぉ!あれは( ̄□ ̄;)!!



オシドリ。



あれ?


結果的に言いますと、目的とする鳥の姿どころか声すら聞けませんでした(´・д・`)

午前8時になっても雨は止まず、今回は諦めて下山することに。


狭い林道では、いつ野生動物との出会いがあるか分からないのでゆっくり車を走らせていると・・・




「キョロロロロ!」




アカショウビン!!!


何処だ!?

半径10m圏内にいるのは間違いないような鳴き声(・∀・)

何処だ?何処だ?と辺りを見ていると再び鳴き声を聞かせてくれるアカショウビン。


しかし雨が強まったことと、木々が生い茂ってなかなか見通しの悪い場所ということもあり残念ながら姿を確認することができず。

しばらく粘っては見たものの諦めて下山しました(´ω`)


下山すると川にはキセキレイの姿。

幼鳥が羽をパタパタさせて餌をおねだり(・∀・)



親鳥から餌をもらってウマウマ。



 

キセキレイを見てると綺麗な青空が広がってきました。

おしまい(`Д´)ノ