メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!



2015年7月19日



台風11号が熱帯低気圧に変わり、その影響により秋田市は久しぶりの雨模様。
そんな訳で今日の観察はお休みです(´ω`)


さて今回は珍しく機材についてのお話。
私は機材に対して無頓着であり、性能の良い機材であっても「あったらいいなぁ」程度のスタンス。

そんな私が一つのアイテムを手にしました。


話は約2ヶ月ほど遡って5月のこと、職場の先輩が私にこんな物を手渡してくれました。



古びた革製の飯盒のような形の物。
大きさも飯盒そのもの。

一体これは何だ(◎-◎;)?


持った感じズッシリと重く、蓋を開けて出てきたものは・・・



双眼鏡でした!!!

しかも重厚感たっぷりでレトロな感じ♪


私は双眼鏡を持たない鳥屋で、常に肉眼で鳥探し&観察をしています。

仲間内から双眼鏡は「あった方が絶対にいいよ!」と常々言われますが、実は私も双眼鏡を持っています。


こちらが私の双眼鏡。



某カメラ店で980円で買いました。

しかし私はこの双眼鏡を使って鳥探しをしたことがありません。


何故なら・・・





肉眼の方がよく見えるから(・∀・)


まぁ安物ってこともありますが、双眼鏡は本当にピンキリなんです。

30万円もするようなSWAROVSKIの高級品もあれば私が持っている玩具のような双眼鏡まで。

鳥友からSWAROVSKIの双眼鏡を借りて覗いてみたことがありますが、やはり高級品は安物と違って凄く綺麗に見え、大変驚いたことをよく覚えています。


さてレトロな双眼鏡へ話を戻して着目したいのがこちら。

 

OMEGAって書いてる(◎-◎;)

 

 

しかも四ツ星いただきました!!!!


 

レストラン・ホテルの格付け本で有名なミシュランガイドでも最高位は三ツ星。
それを上回る四ツ星とは・・・


あのOMEGA社で双眼鏡を作っていたのも驚きです。

OMEGAと云えば私が愛用する時計もOMEGA社製。

 


Ω OMEGAのSpeed Master


レトロな双眼鏡は私が手にするべくして手にしたのだと確信しました(`・ω・´)

そしてもう一つ着目するべき点が!



30×50というこの数字。

こちらは倍率×レンズ口径を表していますが、レンズ口径いいとして30倍って(@_@;)

野鳥観察で使いやすい倍率は8倍とされていて慣れている人でも10倍です。


このOMEGAの双眼鏡、ひょっとして超高級品なんじゃないか!?

お宝鑑定団に出すと何百万円も値段付いたりして( ´∀`)ウヒョー♪


これは調べねばなるまい。


早速調べて出た答えは・・・










「戦後に板橋に集まっていた零細光学屋が、税務署の課税から逃れるためにでっちあげた架空のブランドらしい 」





偽ブランドのバッタ物(◎-◎;)

しかも双眼鏡に記載されているスペックもかなりいい加減だとか・・・


これはヒドい(笑)


まさに私にピッタリ・・・あ!?





おいおいおい!!!

時計は大丈夫だろうな( ̄□ ̄;)!?


時計は正規取扱店で購入した物だから大丈夫だろう・・・多分。


おしまい。