メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2016年3月27日 11/0℃ 晴れ

 

 

 

 

今日は朝から快晴のいいお天気( ・ω・)

やや風が強いものの日差しが暖かく感じられ観察日和です。

 

3月も下旬とあってぼちぼち渡りの途中の珍しい鳥も出そうな時期。
海沿いでも回ってみようかと車を走らせましたが、あちこちを回って鳥探しをするより定点観察でのんびりしたい気分に変り予定変更。

 


久しぶりにハヤブサの狩り場に行って腰を据えて観察しようと現地に到着するとハヤブサが2羽飛び交っていました。

 

早速観察の準備を整え見張りとして使用する木から離れた場所で待機。

 

程なくしてハヤブサが飛んで来ました。

 

 

辺りを旋回するようにしてグルグルと飛んでいます。

 

この時に丁度ドバトが飛んできて追い掛けるような行動を見せましたが執拗に追い掛けることはなく再び辺りを旋回。

 

 

一端、観察位置から姿が見えなくなったと思ったらスーッと飛んできて見張り木に止まりました。

 

 

ハヤブサは見晴らしのいい場所から獲物を物色して、狙いを定めると急降下して獲物を蹴り落とすような待ち伏せ型の狩りを行います。

 


しばらく様子を見ていると何やらガサガサと音がしてきました。

 

音は徐々にこちらに近付いているような感じで、何か野生動物が出るのではと音のする方にカメラを向けて待っていると、現れたのは年配のご夫婦(´ω`)

袋片手にフキノトウを採っているようでしたが、私の存在に気付き話し掛けてきました。

 


当然ハヤブサはこちらに気付き飛んでしまいます(´-ω-`)
隠れてる意味なし。


「ケッケッケ」と声を上げながら、まるでらこちらが何者であるのか覗き込むようにして辺りを飛び始めました。

 

 

 

どのカットを見てもこちらをガン見しています。

 

 

 

そしてこちらも。

 

 

ご夫婦がひとしきり採集を終え姿が見えなくなったところで、場所を変えて再び待機。

 

 

 

30分も待ったでしょうか。
再び見張り木に飛んで来ました。

 

 

待ったというより実は半分居眠り状態でした。

 

あまりにも日差しが気持ちよくて熟睡しそうなくらいの陽気で(´ω`)

 

 

その後ハヤブサに特に動きはなく膠着状態が続いて、今日の観察は終わろうかなと思った矢先、何か動物の気配。

 

 

ふと見上げると・・・

 

 

いつの間にか私がリスに観察されていました( ・ω・)

 

おしまい。