メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2018年1月8日 5/-1℃ 晴れのち曇り




今日は海沿いでの観察。

昨日は雪中行軍をしたにも関わらず見事に空振りをしたので今日はのんびりと海を眺めながら一日を過ごすことにしました。

朝一番で訪れた場所は巷で噂となっているビロードキンクロが入っている港。
名前を聞くに一体何なのか想像もつきませんが歴とした鳥の名前。

大型の海ガモですが秋田ではあまり見られない珍しいカモです。

 

 

通称ビロキンと呼ばれるこちらのカモは全身がビロード状に見えることが名前の由来だとか。

しかし釣人の往来で警戒してしまい遠く離れたと思ったら寝る姿勢になってしまいました。
これは暫くの間良い観察はできそうにないと思い場所の移動を考えましたが真冬とは思えない程の好天。


この時期は天気が良過ぎるとカモメやカモが港から離れたり、光線の関係で撮影条件が難しくなることがあります。
海沿いの観察を中止して何処で何を観察しようか・・・

悩んだ結果、青空を活かして久しぶりにクマタカを撮影しようと思いつきました
そんな訳でクマタカ山へ。

 

 

この写真を見た地元の方は驚いていることでしょう。

山頂は風で雪が飛ばされているため積雪量は少ないように見えますが、ここへ登ってくる山道はなかなかの雪道。
埋まったらJAFも助けに来ない、そんな場所です。

 


正気の沙汰とは思えない無謀な行動のお陰で秋とは一味違った風景を見ることができました。

 

 

あとはクマタカの登場を待つだけ。

程なくして日頃お世話になっている先輩からメールを着信。

『コオリガモ♀を見つけました』

良い意味で崖から突き落とされた気分。
山頂へようやく辿り着いたところでまだクマタカの顔を拝んでいません。
当然悩みます。

しかしコオリガモは私にとって未だ見たことのない鳥とあってこの嬉しい情報を活かさないと次のチャンスはいつ訪れるかも分かりません。
クマタカvsコオリガモはコオリガモに軍配が上がり、結局山頂でパンを食べただけで下山することになりました。


約2時間かけて場所を移動し情報のあったポイントへ到着。

さてコオリガモは何処かな・・・

 


と、遠い・・・遠過ぎる。

 

 

矢印を付けたのがコオリガモ。
画像を最大まで拡大すると辛うじてコオリガモと判る程度です。

先輩が観察をしていた時の画像を拝見させて頂きましたが、当時は近くに居たとのことで何とも羨ましく思える綺麗なお写真。

そうこうしているうちにコオリガモはどんどん奥まった場所に離れていきます。

 


ここで取る行動は黙って待つのが鉄則。
再び近寄ってきた時にゆっくりと観察することが正解で、下手に近寄ろうとすると観察対象が元居た場所に移動してしまい『Endoさんのお陰でこっちに来たよ』と言われる結果に繋ります。

更に言うと自分は近くに寄って来たところに会えずに終わるという悲しい結末になるので、今回は踏みとどまろう・・・と思ったところに鳥友さんがGoogleアースの航空写真を突き付けてきました。

『ここ、裏から大きく回って藪を掻き分け林を進めば向こう岸に出れそうですよ』

悪魔の囁き。
よし、行こう。

まさかの二日連続で体力勝負。
勝敗の行方は・・・負けました。

向こう岸にようやく辿り着いた時にその場から動かず観察を続けていた先輩から電話があり『こっちに来たよ~』と温かいご連絡。

 


今回は努力の甲斐あって近くで見ることができたので結果オーライ。

 

思った以上にサイズが小さく、頻繁に潜水を繰り返す姿は去年の冬に観察したヒメハジロを彷彿とさせます。

 

比較的距離は縮まったもののいかんせんサイズの小さなカモなので画像を拡大。

 

 

自分の見た感覚は間違っていないか帰宅後に図鑑で確認するとヒメハジロとは約2cm違う38cmということで目測は合っているようでした。

 

 

秋田では珍しいカモということしか判らず全く知識がないので図鑑を開いてみると、主に北海道の氷結しない海域で見られるそうです。

時々流氷の上で休んでる姿が見られるのだとか。
今回観察できたのは♀ですが、♂は尾羽が長く非常に美しい容姿をしています。

秋田でも♂のコオリガモは確認されているので、いつか私も観察できるようしっかりとカモのチェックをしなければと思わされました。


今日のラストはローアングルで撮影した画像で日記はおしまいとなります。