メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2018年11月25日 12/0℃ 晴れのち曇り




業務多忙につき後れ馳せながらの更新。

25日、日曜日は今季未だ確認できずにいる鳥を探すため大潟村周辺で探鳥を行いました。

 


ぶらりぶらりと車で移動していると道路を横断するリスの姿。

空き家の敷地内へ入って行ったところまでは確認できたのですが、姿を見失ってしまったので撮影を諦め車に乗り込もうとしたところ放置された柿の木を登るリスを発見。

そろりそろりと近付いてみると枝が密集したところで柿を大事そうに抱えていました。

 

 

リスが柿を食べるシーンを見たのは初めて。

空き家と云えど奥まで進入する訳にはいかず、その場で暫く待機していると柿の木から降りて隣のお屋敷の敷地へ。

 

 

動きが速すぎてカメラワークがついていきません。

完全に姿を見失ってしまったので再び鳥探し。

しかしお目当ての鳥は一向に見つからず、その合間に観察したのはチョウゲンボウとノスリのみ。

遠巻きにハクガンが飛んでいるのを目にしたので証拠写真程度にシャッターを押しました。

 

 

画像に写る群れと同規模の群れが後を追うように飛んでいたので、この日に観察できた人は渡来しているほぼ全ての個体を見ることができたのではないでしょうか。

同時に目に入ったのが数千羽のカモ類が移動していく姿。

 

 

おそらく八郎潟調整池で羽を休めていたオナガガモやホオジロガモの群れだと思います。

結局これといった成果もなく時刻は正午を回りました。

午後も捜索を続けようかと思ったところ地元バーダー氏よりメールを着信。
内容を確認すると場所こそ違えど私と同じ鳥を探していたようでしたが・・・

“タゲリがいるので帰りにどうぞ”

とのこと。
この時、西からは黒い雲が近付きつつありましたが直ぐに移動すると陽射しを浴び玉虫色に輝くタゲリの観察に間に合いそうです。

 


考える間もなく移動開始。

曇天になる前に現地に到着できホッと一安心で車を減速したところ、路側帯側から道路中央へ枯れ葉が風に流されてきました。

然程気にせず通り過ぎようとしたところ、枯れ葉だと思った物体は何と小さなネズミ。


「危ない、轢かれる!」

寸でのところでネズミはセンターライン上で横断を止めました。


慌ててハザードランプを点灯させ車を急停車。

即座に車を降り立ち往生するネズミを保護。
ネズミを握ったまま安全な場所まで車で移動しました。

折角の機会ですから放す前に撮影を。

 

 

小さくて真ん丸で可愛いの一言。

手を開くと直ぐに逃げてしまうのかと思いきや人懐こいという言葉がぴったりなくらい私の手から離れません。

摘まむようにして地面に放したところ辺りの草を食べ始めました。

 

 

両手で草を持って食べる姿に萌えるオジサン。

スマホと一眼でその様子を動画撮影しましたが、スマホの方はTwitterにアップしていたので一眼の動画はYouTubeで。

 

 

急に現実に引き戻すようですがこの類いの生き物は猛禽に狙われてしまいます。

天敵とも言えるチョウゲンボウとノスリを撮影していたのでそちらの画像を掲載。

 


 

見晴らしの利く場所に止り正に虎視眈々と狙っている様子。

同じ猛禽類のハヤブサやオオタカは主に鳥類を襲いますが、農耕地でよく見かけるチョウゲンボウやノスリはネズミやモグラを狙うことが多く、獲物を見つけると狙いを定めて急襲します。

 

 

そんな様子を度々目にしますが、なかなか近くで見ることのできないネズミとの遭遇を少し離れた場所で探鳥を続けるバーダー氏に知らせると『行く!行く!』とのお返事。

ものの数分で到着したバーダー氏。

『よーし、よしよし』

ムツゴロウさんを彷彿とさせるような行動を見せるバーダー氏。

 

 

可愛い動物に対し人間の取る行動は皆一緒のようです。

優しく手に包み細部を観察したところヤチネズミだろうとのことで、再び地面に放すとヤチネズミは直ぐ様バーダー氏の元へ。

「おじちゃ~ん、抱っこ!」

 

 

何度地面に放してもこんな様子で駆け寄ってきます。

寒風の吹くなか両手に包まれたことが温かく心地よかったのかもしれません。
ものの数分で感情移入してしまったのか『飼うのは難しいべなぁ』とボソリと呟いていました。

暫くすると再び辺りの草を食べ始めたヤチネズミ。

 

 

その後も暫くの間ヤチネズミの観察・撮影を続けます。

時々聞かせてくれる「キュッ キュッ」という鳴き声がまた可愛い。

 

 

 

鳴き声はこちらの動画で聞くことができます。

 

 

観察に夢中になっていると太陽は雲に隠れ曇天の空模様になってしまいました。

付近では目敏いカラスが私たちの様子を見ていたようで、このままお別れする訳にはいかず安全な場所に放してあげることに。


ヤチネズミと戯れることで私の気持ちは満たされこの日の観察はここまで。

肝心のタゲリはどうなったという話になってしまうので、ヤチネズミの観察後に数枚撮影したなかから画像を一枚掲載して今回の観察日記はおしまいです。