メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2018年 野鳥観察の旅 in 長崎県 ➂

 

 

2018年2月24~25日

 


前回の続編。

カツオドリの観察を楽しんだ後は諫早干拓地へ。

長崎県の探鳥地を調べて候補に挙がったのは諫早湾と諫早干拓地の二つ。
しかし限られた時間のなかでどちらもという訳にもいかず、今回は干拓地に足を運んでみることにしました。

野母崎から北上し、市街地から高速道路を使って諫早干拓地までは約二時間の距離。
航空写真で確認すると赤線で囲った部分が中央干拓地を含む主な探鳥地となるようです。

 

 

諫早干拓地へ辿り着き実際にこの目で見た感想は、田畑あり、葦原あり、水辺がありと、大潟村に比べ面積こそ小さいものの男鹿と大潟村の良いところ凝縮したような印象をうけました。

しかしながら道幅の狭い道路が多く対向車とすれ違うには少々厳しいことと、思わぬ出会いで停車をした場合には他の通行の妨げにならないよう細心の注意が必要です。


さて諫早干拓地でお目当てとする野鳥はナベコウとツリスガラの2種。
こちらを見つけることができれば今回の旅は大成功に終わります。

地元で鍛えた探鳥力が試される時。
探鳥を開始して始めに出会えたのはクロツラヘラサギ。

 

 

車道から近いところに佇んでいました。
こちらは毎年秋田でも確認されています。

クロツラヘラサギを記録に残し早々に場所を移動するとこちらに向かって飛んでくる大型の鳥。

何かと思えばナベヅルでした。

 

 

ナベヅルとマナヅルの越冬地で有名な鹿児島県出水市ではツルの北行帰が始まっているそうなので、こちらの4羽は渡りの途中なのかもしれません。

土地柄としてこちらでは当たり前の光景なのではないでしょうか。

 

 

干拓地をウロウロして一番目にしたのはアトリ。

但し数が尋常ではなく万単位の群れを見ることができました。

 

 

その他にケリ・タゲリ・ハイタカ・ハイイロチュウヒ・チョウゲンボウ・コチョウゲンボウ・タヒバリ・オオジュリンなどを確認。

 

【 タゲリ 】

【 ハイタカ 】


 

様々な野鳥が暮らせる環境なので観察できる種類も豊富です。

 


暫く探鳥を続けていると進行方向から飛んでくる白いサギの姿が目に入りました。
しかし首を伸ばしたまま飛んできたので直ぐにクロツラヘラサギだと判り、行く先を確認すると水路に降りた様子。

そちらへ移動すると餌を採っていたのでここは動画撮影。
首を左右に振りながらウロウロする採餌方法が面白い。

 

外にいてもポカポカ陽気で本当に気持ちの良いお天気。

ヒバリの囀りがあちこちで聞え、既に開花した梅を見たりと、旅立ちの朝は‐8℃だった地元との季節感の違いに戸惑いを覚えます。

 


14時頃から探鳥を始めましたがツリスガラもナベコウも見つからないまま時間は過ぎていくばかり。

日も傾き始めたことからツリスガラに狙いを定め葦原が広がる場所で定点観察をすることにしました。

 

 

図鑑によるとツリスガラは九州でポピュラーな冬鳥と記載があっただけに簡単に見られると思いきや実際はそうでもないようです。
葦に止まり採餌する姿を観察する予定でしたが、葦に飛んでくるのはホオジロとオオジュリンのみ。


翌日の天気予報は生憎の雨が予想されており、日没までになんとか見ることができればと思いましたが願いは叶わずタイムアップ・・・

「俺の探鳥力ってこんなものか」

 


正直な話、諫早干拓地の農地面積が816haに対して大潟村の農地面積は11755haと、普段は14倍以上の面積で探鳥をしていることもあり高を括っていました。
どちらも見つける自信があっただけに本当に不甲斐ない。

翌日の観察は悪天候のため中止して観光をメインにと考えていましたが、夜になると益々自分に腹が立ってきて少し悪足掻きをしてみることに。

 


ー翌日ー

予報通り生憎の雨。

どんよりと空が霞んでいました。

 

 

再び干拓地に足を運び、2種と欲張らずナベコウだけに狙いを絞ります。

こちらも事前に情報収集を行いましたが、ネットで[ 諫早干拓地  ナベコウ ]と検索してみると“グループで探しにきて何度も全滅した”というような記事を多く目にしました。

そんなに敷居が高いものかと思いましたが、もう一度自分の探鳥力を信じ水路を一本一本丁寧に見て回りナベコウを探します。

 


『 さがし  さがし求めて   ひとり  ひとりさまよえば
行けど切ない  石だたみ   あゝ  長崎は今日も雨だった 』


出た!!!
前川清、平成世代には分かるまい。


ようやくナベコウを発見。

 

 

突然水路から目の前に飛び出してきました。

探鳥力というより運が良かったのでしょうか。
しかし運も実力のうち。

8時半から探鳥を始め10時半をタイムアップと決めていましたが、この時の時刻は10時10分。
タイムアップ20分前の出来事でした。

 

 

こちらのナベコウ、英名はBlack storkといいますがstorkはコウノトリの英名。
直訳すると黒いコウノトリということになります。

比べてみると色が違うだけで瓜二つ。

 

【 ナベコウ 】

【 コウノトリ 】


 

諫早干拓地には2010年頃から冬期間1~2羽が定期飛来するようになったようです。

行動もコウノトリと全く同じで、以前コウノトリを観察したことが今回の探鳥に活かされました。

 

 

晴れの天気だと金属光沢の黒い羽が綺麗に見えるのですが今回は欲張りを言えません。


全国的に見ても定期飛来しているのは諫早干拓地のみで局所的にしか観察することのできないナベコウですが、実は去年の秋に秋田県で初記録がありました。
タカの渡りを観察していた鳥友さんが秋田市上空を通過していくナベコウの撮影に成功し大変驚かされた記憶があります。

再び秋田に現れないものかと思いながら動画も撮影。

 

 

この場所を飛び立った後「電柱に止まったところが見たい!」と口に出したら本当に止まってくれるサービスの良さ。

こんな行動もコウノトリと同じです。

 

 

ナベコウを撮影していると他の鳥屋さんが見えられ、時間も時間だったことから場所を譲って長崎での観察はここで終了


この後は長崎市へ戻り諏訪神社にお礼参り。
坂道を登ったり降りたりと長崎を満喫し、最後は美味しいものをお腹いっぱい食べて長崎の旅を終えました。

野鳥観察の旅 in長崎はこれにておしまいです。