メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2018年4月22日 20/11℃ 晴れ




春爛漫、私の住む秋田市でも桜が満開となり見頃を迎えました。

先日までの冷え込みもなくなり気温が上昇したと思えば季節外れの暑さで花々も一気に開化。
近所の梅林でも梅が満開になったようなので今日はお花見がてらのバードウォッチングです。


とは言っても秋田の野鳥は人慣れしていないため警戒心の強い者が多く都会のようにはいきません。
鳥と花のコラボを撮影するには花見客が訪れる前の早朝の時間帯が勝負。

狙うは梅とオオルリorキビタキ。

 

・・・の予定でしたが今年は全くダメ。

 

 

約1時間の間、梅の木にやって来たのはヒヨドリとメジロだけでした。
こちらの梅林は長い期間花を楽しめる場所なので日を改めてリベンジしたいと思います。

今日は場所を転々として観察を行ったので時系列にご紹介。
次に足を運んだのは市街地の公園。

満開の桜を見ながら何か出会いがあればと思い辺りを見渡すとコムクドリの姿が目に入りました。

 

 

夏鳥として渡来するコムクドリですが、この公園では多くのコムクドリが繁殖しています。

こちらのコムクドリは♂と♀がペアで行動していたので動きを注視していると巣穴を出入りする様子を見ることができました。

 

 

朝陽を浴びて金属光沢の羽がとても綺麗。

 

コムクドリはキツツキの古巣を利用して繁殖します。

そんなコムクドリを見ていると何か茶色い物体を咥え雌雄共に頻繁に巣穴の出入りを繰り返していました。

 

 

暫く様子を見ていましたがこれが何の為の行動か分からないまま花見客が増えてしまいここでの観察は断念。

コムクドリを観察する傍らカワセミも見ることができたのでそちらの写真も。

 

 

花見がてらの観察を終えた後は本日メインに考えていたコマドリの観察へ。
コマドリとの出会いを求め山へ足を運びましたがどうも今年は難易度が高いようです。

居ることは居るのですが鳴き声が微かに聴こえてくるだけでなかなか姿を現さずただ時間だけが過ぎていくばかり。

漸く待って姿を見せたと思えば素早く動き回りあっという間に笹藪の中へ潜り込んでしまいます。

 

 

この時姿を確認できたのも僅か30秒程度。

更に云うと目立つオレンジの羽色をしているので写真だけを見ると簡単に見つかりそうにも思えますが、茂みで活動することが多く落ち葉があると保護色となって一度目を離すと見失ってしまいます。


私の場合こちらではシャッターを押すのが精一杯。

コマドリのコマ撮り。

 

 

ピントを合わせ即座に連写。
動画で撮影するような余裕なんてありません。

 


結果を言うと5時間半コマドリの出待ちをして姿を現したのはトータルで1分少々。

 

 

この時間を無駄と考えるか有意義に思えるかは人其々でしょう。
人里から離れ小鳥の囀りに耳を傾けながら過ごす時間は私にとって至福の時間でした。

転々と場所を移動して観察を行った本日ラストは「今日の一枚」と云えるような写真を。
こちらの写真をご紹介して今日の日記はこれにておしまいです。


【 カメセミ 】

 

 

また来週。