メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2018年6月10日 24/11℃ 曇り時々晴れ




今日はカルガモの観察。

渡りのシーズンも終了し珍鳥探しも一段落しましたが、これからは日増しに気温も高くなり、それと同時に葉っぱも生い茂って野鳥観察の難しい時期に入ります

珍鳥屋と勘違いされることの多い私にとってカルガモの観察となると首を傾げられるかもしれませんが、実際のところ私は無類の鳥好き人間。
正直な話、鳥ならなんでも良いのです。


但しカルガモと云っても今日のお目当てはフワフワの可愛い雛たち

可愛いは罪。
今時期は巣立ちを迎えた雛たちが多く見られますが、成鳥とは違ってあどけない容姿、そして仕草は可愛いの一言です。


そんな可愛いカルガモの雛に会うためカルガモ一家が暮らす水辺に足を運んでみましたが雛の姿は見当たらず唯一目についたのは成鳥のカルガモが1羽草叢に佇んでいるだけ。

はて、雛たちは何処に・・・


雛たちを探し右往左往しましたが、一向に見つからず脳裏に過ったのは「住み処を変え引っ越してしまったのではないか」ということ。

カルガモ一家の行方が気になりましたが、それと同時に気になったのが草叢に佇むカルガモ。
明らかに翼が変形していて、パッと見た目に怪我をしているようです。

周囲でカラスがけたたましく鳴き「カラスに攻撃されて怪我をしたのかな?」と思いよく見てみると・・・


翼の下から顔を覗かせる雛の姿が。

 

 

草叢にいたカルガモは翼を怪我していたのではなく、雛たちを翼で覆うように隠していたのでした。

私が場所を移動することでカラスが遠ざかると雛たちが次々と顔を覗かせます。

 

 

 

親鳥が草叢から水辺に移動したことで8羽の雛たちを確認。

 

 

こちらの水辺近くに勤務する知人の話によると孵化当初は11羽の雛がいたそうです。

しかし残念なことに3羽は何等かの原因で命を落としたようで現在は8羽に減ってしまったんだとか。

 

 

残った8羽はやんちゃ盛り。

親鳥から離れ四方八方に動き回ります。
これには親鳥も流石に気が気でないといったところで周囲の様子を警戒しているようでした。

それでも目の届かないような場所まで移動し好き勝手に動き回る雛たち。

 

 

冒頭でも言いましたが敢えてもう一度。

可愛いは罪。
まるで電池が入ったぬいぐるみが動いているよう。

どの子を撮ったらいいのか迷ってしまいます。

 

 

雛たちの撮影に夢中になっていると『おはよー!』とカルガモ一家に声を掛けるオジサン。

オジサンの挨拶に反応するように、四方八方に散らばっていた雛たちが集り親鳥と一緒にオジサンの元へ。

 

 

挨拶をしたオジサン、話を伺うと毎日カルガモに会いに来てるんだとか。

足元にやって来た雛たち。

 

 

私がカメラを向けることで道行く人たちも足を止め、カルガモ一家に気付くと誰もが笑みを浮かべ優しい目差しで見ていました。

老若男女問わず手持ちのカメラやスマホを取り出し撮影する様子は微笑ましく、世知辛い世の中を忘れさせてくれる一コマ。

 

 

長時間観察することで沢山の方とお話する機会にも恵まれ、毎日会いに来てる方が多かったことも印象に残る観察となりました

沢山の方に見守られるカルガモ一家。
雛たちが無事に成長すると共に、この場所で毎年この光景が見られることを願っています。


今日の観察日記はこれにておしまい。