メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2019年1月3日 1/-2℃  【午後】




前回の続き。

午前中にカモ類を観察した後は場所を移動して猛禽類の観察へ。

道中見かけたのはいつも観察するオオワシとは別個体のオオワシ。
撮影をして個体識別ができるような画像を残そうと思いましたが、交通量が多い通りであることと道路が凍結していたため安全を考慮して撮影するのは控えました。

同じようなところでオジロワシも木に止まっていましたが此方も肉眼での観察。

 


猛禽類が多く集まる狩場に行ってみるとチョウセンチョウゲンボウが杭の上に。

しかし遠い・・・。

 

 

普通のチョウゲンボウに比べると近付くことを許してくれることが多いのですが、この時は機嫌がよろしくなかったようです。

色が淡いチョウセンチョウゲンボウに比べコントラストがはっきりしているチョウゲンボウが直ぐ傍に。

此方は食後だったのかのんびりとした様子。

 

 

一番良いのは相手から近付いてきてくれることなのですが、この時はそのような気配が無かったので私から接近を試みました。
近付くことを許してくれた嬉しい瞬間。

こちらの狩場で連日姿を見せているコミミズクを探してみましたが探鳥力の無い私には見つけることができず。

かくれんぼの達人が狩場に身を潜めているのは確かなのですが、土の塊が全てコミミズクに見える病になってしまったので一度頭をリセットして別の猛禽を探すことに。


次に探したのはお正月ということで縁起物の達磨さん。

 

 

今回は自分でも早かったと思える程で、探して始めて約3分で見つかりました。

時間帯が既に活動時間になっていたこともあり、目を見開き辺りをキョロキョロ見渡してる様子。

 

 

この冬はフクロウ類のペリットを見比べようと思い、コミミズクとフクロウのペリットを探しています。

参考までにトラフズクのペリットは動物のウンコかと思うような物体。

 

 

こちらのウンコ、もといペリットを分解してしてみると・・・

 

 

毛に覆われたペリットの中身はネズミの頭蓋骨がそのままの状態で出てきます。

このペリットの違いを見比べようと思い、あちこちウロウロすることでフクロウを沢山見るようになりました。

 

我が家の近所でもフクロウが見られる場所があり、コミミズクに比べると観察の機会は多いように思いますがやはり意識をしないとなかなか見つからないでしょう。


フクロウの類いは両目が頭部の前面に付いているので両眼視できる範囲が広い反面、全視野は狭いようです。

それを補う為か独特の骨格をしているようで頸骨の数が人間の倍くらいあり回りやすい構造になっているそうです。
この時も首を180°回転させて此方の様子を伺っていました。

 

 

これは単に見る為の行動ではなく微かな音を感知する為の行動でもあるよう

です。

フクロウの観察を続けると先日観察をしたコミミズクと同様に音も無く飛び立ち軽やかに枝から枝へと移動を始めました。
まさにハンターといった言葉がピッタリで狙われた獲物は近付いてきたことに気付くことはないでしょう。

 

 

16時を過ぎるとあっという間に暗くなり、再び狩場へ行って彼らの活動をしばし観察。

狩場ではトラフズクとフクロウを1羽ずつ確認。

フクロウは杭の上に止まり首を回しながら獲物を探しているようです。

 

 

発達した聴覚を活かし首を回しながらネズミなどが立てる小動物の物音を感知しているのでしょう。

このあとフクロウは不意に飛び立ち暗闇の中へ消えていきました。
おそらく獲物を見つけたのだと思います。

このタイミングで長かった一日の観察は終了。

 

 

私にとって1月3日は節目の日であり、ちょうど9年前のこの日から野鳥観察を始めました。

紆余曲折ありましたが私の観察歴も10年目に突入。
最近は仕事の方が忙しく週に一度の観察でサンデーバーダーになってしまいましたが、これからも変わらず楽しく野鳥観察ができればと思っています。

今日の観察日記はこれにておしまい。