メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2019年7月21日 33/21℃ 晴れ




晴天猛暑が予報された日曜日。
何処で何を観察しようか悩みましたが、何を観察するかよりも暑さから逃れることを選び八幡平へ。

今回、八幡平へ行くにあたり何気なくナビを見てみると所要時間は2時間半の表示。

 


「はて?」

今まで大館方面を経由するルートで八幡平へ行っていましたが、そちらの所要時間は3時間半。
ナビのルートを改めて確認してみると私の住む秋田市からは仙北市を経由した方が早いようでした。

俄に信じがたいところもあったので試しにナビ通りのルートを走ってみると・・・

 


本当に2時間半で到着。

 

 

今まで1時間も遠回りしていたのか。

秋田県と岩手県の県境に跨がる八幡平、ここでお目当てとしたのはホシガラスorハリオアマツバメ。
どちらかをじっくり観察できればと足を運びましたが・・・

 


涼しいと思いきや酷く暑い。

過去に何度か八幡平で観察をしていますが、今回の暑さは本当に厳しいものでした。
少し歩くだけで汗が吹き出し、想定外の暑さに戸惑いを隠せません

探鳥を開始して間もなくホシガラスを発見しましたが証拠写真を撮影したところで飛び去ってしまい残念な結果に。

 

 

ホシガラスがダメならハリオアマツバメに期待をしましたが、1羽も確認できず。

予定では山を周回するようにブンブン飛び回っていたり、飛びながら池の水を飲む様子が見られるはずだったのですが・・・


諦めの境地で歩いていると虫を咥えたメボソムシクイの姿。

 

 

同時に現れたのは「チリン チリン」と熊避けの鈴を鳴らしながら歩いてきた団体の登山客。

メボソムシクイが見られている目の前に立ち止まりワイワイガヤガヤの御一行。
当然飛び去りました。

 

ツイてない日はとことんツイてない。

登山道を下ったところでハリオアマツバメが2羽通過。
ようやく思い描いた観察ができるのかと再び姿を見せてくれることを待ちましたが、一向に姿を現さず。

淡い期待は泡のように消えて無くなりました。

結局暑い思いをしながら散歩をしただけでやむ無く下山。
涼しい場所で楽しく観察する予定は一体何処へ行ってしまったのか・・・


空振りだけは何としてでも回避したかったこともあり、急遽イワツバメの観察に変更。

思い返してみると昨年はイワツバメの観察ができていませんでした
個人的にツバメの中でも一番好きなイワツバメですが、自宅近くで繁殖をしていた個体群は営巣場所を変えてしまったようで姿が見当たらず。

そこで今回は私が知る限り県内で一番観察し易い営巣場所へ。

こちらで繁殖をするイワツバメ、手に届く場所に巣が並んでいます
その様子をスマホで撮影。

 

 

この場所は沢山の人が行き交う施設で、建物のあちこちにイワツバメが営巣しており、ざっと数えただけで30個程の巣を確認することができました。

低い位置にある巣を見て回ると給餌の為に親鳥が巣を出入りする様子や巣の中でもぞもぞ動く姿が。

日陰とはいえ暑いせいか巣の中で口を開いてるイワツバメ。

 

 

巣の形状が一般的に見られるツバメの巣と異なり中の様子を伺い知ることはできません。

しかしコシアカツバメのような徳利型ではないため一瞬ですが雛が動く姿が見られました。

 

 

ふと思った素朴な疑問。
イワツバメは学校や橋の下、多く人が行き交う公共の施設などに営巣することが多いようですが民家には営巣しないのでしょうか?

私は未だかつて民家に営巣しているところを見たことがありません

 

 

秋田では家屋などに営巣する一般的なツバメ、低地~高山帯で見られるイワツバメ、局所的に繁殖し個体数の少ないコシアカツバメ、渡りの時期に見られるショウドウツバメの4種を観察することができます。

ショウドウツバメに関しては北海道で繁殖することから営巣している状態を見ることはできません。

イワツバメとコシアカツバメは公共の施設などに営巣することがほとんどで、ツバメのように民家に営巣する線引きはどこにあるのでしょう。

 

 

私が知らないだけで県内の何処かには民家に営巣してるケースがあるかもしれませんが、そんな場所があったら周囲の環境も含め色々見てみたい。


話を観察の様子に戻しますが、少し高い位置に営巣してる個体は雛がだいぶ大きく間もなく巣立ちを迎えそうです。

 

 

そのため餌の要求量が多いせいか親鳥の給餌は頻繁に行われていました。

親鳥を待つ雛たちの姿が可愛い。

 

 

普通のツバメに比べずんぐりむっくりした体型が私の目にはとても可愛らしく映ります。

顔や体型に留まらず、ツバメの仲間で唯一見られる特徴の羽毛に覆われた足も魅力的。
過去に観察した際にも記載しましたが、イワツバメの足は先日観察したライチョウのように羽毛に覆われています。

 

【 イワツバメ 】

【 ライチョウ 】


 

上の画像は過去に撮影したものになりますが、今回イワツバメを観察するにあたって撮影した画像を拡大してみると・・・

羽毛が疎らになっていました。

 

 

冷寒地仕様の羽毛は低地において必要がなくて抜けたのか、それとも時期的なものなのか。

この個体だけの特徴かと思い他の個体の足を写そうと思いましたが、なかなか思うようにいかず。

 

 

暑さも相俟って集中力が持続しません。

こんな暑さの中でもせっせと餌を運ぶイワツバメには頭の下がる思いでした。

 

 

例年以上の暑さに加え多忙な日々が続いていることからこの日の観察はここでギブアップ。

来週には太平洋高気圧が張り出してくることで秋田も梅雨明けしそうな雰囲気ですが、本格的な夏が来るのを目の前に「早く雪が降ればいいのに」と思う今日この頃。

暑さに弱い私にとって厳しい季節が到来しようとしています・・・

 


本日の観察日記はここまで。