メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2020年1月19日 6/-2℃ 曇り時々晴れ




今回は猛禽類の観察。
猛禽類と一言で云っても様々な種がいますが、本日のお目当ては♂のハイイロチュウヒ。

今季確認されて以降、多くのバードウォッチャーが観察されているようですが私は未だに出会えておらず。

ふと気になり自分の記録を振り返ってみたところ、私が♂を最後に撮影したのは2012年でした。
その後は見かけたことはあったものの、他の鳥を観察してる間に時期を外したりと何処か縁遠い鳥になってしまったようです。

 


是が非でもと意気込んで自宅を出発しましたが観察地へ向い車を走らせていると・・・

「何だあの白波?」

秋田市から潟上市へ通じる湾岸線を走る際に否応なく視界に入るのは日本海、ふと見ると消波ブロック近くに不自然な白波が立っているのを目にしました。

「もしかして・・・イルカ?」

程なくして出戸浜海水浴に到達しましたが白波が気になり車をUターン。
白波を確認した辺りまで進むとジャンプしながら秋田市方向に進むイルカの群れを確認できました。

「ハイチュウどころの話じゃねぇ!」

県立大学入口交差点まで走ったところで再びUターン、少し戻った場所に男鹿半島を望むビュースポットがあるのでそちらの駐車場に停車し即座にカメラを構えます。

 


間もなくイルカの群れが消波ブロックに沿う形で南下してきました

 

 

陸地から見るイルカの群れに大興奮。
秋田では群れが陸地に近寄ってくることはなかなかありません。

静止画じゃこの嬉しさが伝わらないと思い動画でも撮影してみました。

 

 

動画を撮影したところで、小高くなった駐車場から少し掛け降り再び撮影。

後から確認すると相当興奮していたのかカメラの設定が滅茶苦茶でした。

 

 

南下しつつあるイルカの群れを追い掛け海岸を全力疾走。

しかし砂浜は走りにくく、冬期間に入ってから走り込んでいなかったこともあり肺が爆発しそうでした。

こちらは顔が見えた瞬間の画像ですが、背びれの形などからもハンドウイルカ若しくはミナミハンドウイルカと推測。

 

 

イルカの群れは南下を続け「このまま進むと秋田マリーナの中に入るのでは」と予想し車に戻ったところで先回りする形で秋田マリーナへ。

海を一望できる高台からイルカの動きを注視していると、秋田マリーナへ到達したところでイルカの群れはUターン。
今度は北上する形で潟上市方面へ泳ぎ始めました。

 

完全に遊ばれています・・・

 

 

結局、元の駐車場に戻り再び砂浜でイルカが北上して来るまで待機。

そして間もなく目の前を通過。

 

 

やはり消波ブロックに沿う形で北上を続けていたので、今度は出戸浜海水浴で待ち構えてみることに。

しかしイルカの群れとの距離は遠くなってしまい、男鹿半島の風景と絡めて撮影をするのが精一杯でした。

 

 

イルカを観察しているとアビの姿も確認できましたが、後から画像を見て気付いたのがイルカの群れに驚いて飛び立つケイマフリ。

ケイマフリは私の見たことのない鳥ですが、これはたまたま写っていただけで観察したことにはなりません。

 

 

記念すべき秋田県内観察記録の300種目にはカウントできないので今回はノーカウント。

北上を続けるイルカの群れはこのまま進むと男鹿市船川に到達しそうです。
地形的に考えると現状のルートで進んだ場合「船越海岸の河口付近を通過するのでは?」と予想し先回りしてみました。

待つこと20分、こちら側に向かって来るイルカの背びれを確認。

 

 

どんどんこちら側に向かってきて最短距離は15mと驚くほど近くで見ることができました。

しかし望遠レンズが仇となり撮影できたのは背びれのみ。

 

 

画角が狭い上に潜水後に浮上する位置が読めずフレーミングが間に合わなかったことから顔を覗かせた写真は全てピンぼけでした。

ズームレンズに交換するべきだったと後悔しましたが、今となっては後のカーニバル。

 

 

この後は船越海岸を進み船川方面に向かってるようでしたが、イルカウォッチングはここまで。
時計を見てみると既に10時を過ぎていました。

完全に出遅れた感が否めませんでしたがこの後は大潟村方面へ。
ハイチュウを観察する前に、先週フクロウを目にした場所を確認してみると・・・

同じ場所に止まっていました。

 

やはりこの場所を塒にしているのかもしれません。

よく見てみると嘴の先端部は赤く血に染まっていたので何かを捕食した直後だったのか。

そして画像の下部に写る黄色い物体は早くも開花した菜の花。
年明け最初の観察でも開花を確認していましたが、記録的暖冬の影響により異例の開花が進んでいるようです。


暫く観察しているとカラスに追われ姿が見えなくなってしまいましたが、別角度から見てみると騒ぎたてるカラスを鬱陶しそうにしながらも羽を休めているようでした。

 

 

こんなに姿が丸見えの状態では縄張り意識の強いカラスにとってさぞ目障りでしょう。

更には突如走ってきた野良猫を警戒して凝視している姿も見られましたが、何故にこんなにも落ち着かない場所を塒としているのか・・・

 

 

フクロウを観察した後は狩り場に飛来するハイチュウ♂の登場を待っていると、運良く出てはくれたものの私の位置から遠い場所をヒラヒラ。

目の前で観察されている方もいるなか私の方へは来てくれません。

 

 

あっちをヒラヒラこっちをヒラヒラと飛び回り、いいように弄ばれてしまいました。

定点で見るのが良いのか、場所を移動しながら見るのが良いのか観察のスタイルに迷いが生じます。

 

 

他の方が撮影された画像を拝見させて頂くと私が撮影した画像とは天と地の差。

「ムキーッ!」と言いたくなるような私の頭からは湯気が出ていたかもしれません。

狩り場をヒラヒラと飛ぶハイチュウですがチュウヒに比べると飛行高度は低く、狩りの方法も異なります。
狙いを定めて急降下するようなことはせず、何処か行き当たりばったりのようで獲物を見つけると急ブレーキを掛けて飛びつくといったような動きを見せていました。

 

 

ハイチュウを観察しているとコミミズクも飛び始め、一体どちらを観察したらいいものか・・・

しかしハイチュウと同様にコミミも私から遠い場所をフワフワ飛び回っています。

 

一時トビに追われ『ギャウ ギャウ』と声を発しながら高度を上げて飛びましたが、急降下して地面に降りると辺りをキョロキョロ。

私の位置からはまるでお面が動いているかのよう。

 

 

飛翔時に真っ正面から見るとまるで顔が飛んできたかのように見えますし、真横から見ると丸太が飛んでいるようにも見えるコミミズク。

「変な鳥だなぁ」と思いつつ観察を続けましたが、しかし遠い・・

 

 

いつになったら近くを飛んでくれるのかと思い観察を続けましたが、結局私が観察が終えるまでの間、一度たりとも近くを飛んでくれることはありませんでした。

朝のイルカウォッチングで完全に運を使い果たしてしまったようです。

 

 

それでもイルカに始まりフクロウ、ハイチュウ、コミミを観察できたことを考えれば良い一日になったと自分に言い聞かせこの日の観察を終えました。

観察の様子はここまでですが、注文から1年1ヶ月ようやく小さいハマーが納車されました。
長い代車生活も終わり、今後はこの車でフィールドを駆け巡りたいと思います。

 

 

本日の日記はこれにておしまい。