メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2020年10月18日 16/8℃ 晴れのち雨




この日曜日は渡りの小鳥を観察するため今季初の男鹿半島へ。

多くの鳥が移動するこの時期、前日の夜は一晩中ハクチョウの声が響いていました。
真夜中はオリオン座が綺麗に見える星空が広がり、ハクチョウの群れが一気に渡ってきたようです。

朝焼けで辺りがオレンジ色に染まる早朝の時間帯、自宅を出るとハクチョウたちが上空を通過し南下していく様子が見られました。
進行方向には風車が立ち並び、衝突する危険性が高く心配事が絶えません。

 


秋田市から湾岸線を北上すると男鹿半島を背景に秋田沖方面に飛翔するハクチョウたちの姿が。

パーキングに車を停め秋田沖に抜けた場面を撮影しました。

 

 

秋田沖には洋上風力の建設計画があり、高度としても位置としてもガン・カモの移動ルートと重なります。

この計画が実現すると多くの渡り鳥が危険に曝されることは必至。
電力は人が生活する上で必要不可欠ですが、発電方法や設置場所についてはもっと慎重に計画してもらいたいものです。

ハクチョウたちを眺めていると不自然に見える白波。
もしかして・・・

 


「やっぱりイルカだ」

 

 

今年の1月19日と全く同じ場所でイルカの群れに遭遇しました。

取り合えず動画でも撮影してみましたが・・・

 

 

前回の確認時とは違い一定間隔で浮上しないことから思ったように撮影できず。

動画は諦め浜辺に降りて近い位置から観察してみることに。
浮上して顔が見えるタイミングを狙い撮影を試みるとピンボケですが背面で浮上する姿をキャッチ。

 

 

こちらのイルカの群れは前回確認できた個体群と同じ群れであると思いますが、当時の日記を更新して間もなく【日本セトロジー研究会】という海棲哺乳類を研究する団体の方より連絡を頂いていました。

そちらの方から教えて頂いた話では、このイルカはミナミハンドウイルカであるそうです。

 

新潟県で確認されていた個体群が秋田県まで北上してきたようで、背ビレの特徴から同じ個体群であると同定されました。

 

 

その後は秋田港や男鹿半島など各地で目撃が相継ぎましたが、新潟県へ一度南下して再び秋田県まで北上したようです。

偶然の再会に歓喜し、鳥の観察そっちのけでイルカの観察に没頭。

 

 

私の立ち位置から徐々に離れたイルカの群れは秋田マリーナ付近を長時間回遊する様子が遠巻きにも確認することができました。

おそらく魚を追っていたものと思われますが、イルカの近くにはウミネコやオオセグロカモメがおこぼれを狙って沢山集まっていたようです。

 

それにしても風車の数が酷い。

画像に写るのはほんの一部でこの一帯は数多く風車が立ち並んでいます。

 

 

なかなか私の立ち位置に戻って来ないことから車を移動して秋田マリーナへ。

釣り人の多くがイルカをスマホで撮影している方もいらっしゃるようでしたが、なかにはボートから間近で撮影されている方も。

 

 

撮影する角度が変わったので男鹿半島を背景に。

 

 

あれやこれやと撮影を兼ねて観察しているとサイズの小さなイルカが大ジャンプ。

残念ながらその瞬間を捉えることはできませんでしたが、撮影した画像を拡大して確認してみると明らかに小さな個体が写っていました。

 

 

画像を検証した結果小さなイルカは2頭いるようです。
前回の観察では見られなかったことから、おそらく今年産まれの個体と推測。

私が見たものは家族団欒の1コマだったのかもしれません。

 

 

上空を眺めるとハクチョウの群れが南下していました。

秋田沖を南下しているため新潟県を目指す個体群でしょう。
青空を背景に飛翔する姿は本当に美しい。

 

 

イルカの観察を続けていると負けじと跳ねるボラ。

こちらは一体何の為に跳ねているのか・・・

 

 

ボラを狙ってきたのかミサゴが上空でホバリング。

ダイブする瞬間を撮影しようとカメラを構えたところ、ゆっくりと高度を下げて水面から何かを拐ったように見えました。

 

 

普段見るような急降下ではありません。

狙いが定まらず狩りが失敗したのかと思いましたが、こちらに接近してくると何かを捕獲していることが見て取れました。

 

 

何を捕まえたのか気になり画像を確認してみたところ・・・

「この魚は???」

 

 

一言で云うと顎の尖った長いサンマ。

魚類の知識が全くと言っていい程ないもので、釣りも趣味としていらっしゃる鳥友さんに伺ったところ『ダツ』という魚であることを教えて戴きました。
鳥友さん曰く『水面直下を泳ぐので格好の餌食』なんだとか。

私からするとボラの方が食べ応えがあると思うのですが、ダツという魚はどんな味なのでしょう・・・


肝心のイルカの群れは徐々に距離が離れ私の立ち位置からは見えなくなってしまいました。

 

 

朝一番で男鹿半島を目指すつもりが、時刻を確認してみるとこれから男鹿で探鳥を行うには躊躇を覚えるような時間帯。

しかし私には大事な目的があったためイルカの観察はここまでとして気持ちを切り替え男鹿半島へ移動。

いつもであれば車で各所を回りながら探鳥を行いますが、この日は徒歩での探鳥。
しかし目に入る鳥はウグイス、ウグイス、ウグイス・・・

 

 

なかなかお目当ての鳥が見つかりません。

過去の観察を振り返ると渡りのシーズンはホオジロ科の鳥を観察する機会が多く、今季からは今まで手薄になっていたウグイス科の鳥を探してみようと考えていました。

しかしそう簡単に物事が運ぶことはなく、お目当てとなる鳥を撮影できたのは1カットのみ。
単に証拠写真を撮影しただけで観察には程遠いものでした。

 


今回はイルカを観察できたことで良しと考え、お目当ての鳥を観察するチャンスはもう1~2週間程度続くと思うので近いうちにご紹介できればと思います。

 

 

本日の観察日記はここまで。